ブラック・レイン(1989年の映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

日米の有名俳優が共演!映画「ブラック・レイン」

タイトル ブラック・レイン
原題 Black Rain
製作年/製作国 1989年/アメリカ
配給 ユニヴァーサル映画、UIP
監督 リドリー・スコット
キャスト
(出演者)
マイケル・ダグラス、高倉健、アンディ・ガルシア、松田優作、ケイト・キャプショー、若山富三郎、神山繁、ジョン・スペンサー、ガッツ石松、内田裕也、國村隼、安岡力也
収録時間 125分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

日本とアメリカの刑事が、共に巨悪と戦う姿を描いた1989年のサスペンス・アクション映画。

日本からは高倉健や松田優作が、アメリカからはマイケル・ダグラスやアンディ・ガルシアなどの大スターが共演しており、大きな話題を集めた作品です。

監督はエイリアンアメリカン・ギャングスターオデッセイなど数々の名作を世に送り出してきたリドリー・スコットが務めています。

スポンサードリンク


映画「ブラック・レイン」の冒頭のあらすじ

ニューヨーク市警で刑事として働くニック・コンクリン(マイケル・ダグラス)は、過去に妻と離婚。養育費の支払いにも苦労している状態だったが、麻薬密売事件で没収した金を横領したとして、内務捜査官たちから目を付けられていた。

そんなある日、ニックは同僚のチャーリー(アンディ・ガルシア)と共に、流行りの店をランチへ出かける。そこで偶然にも出くわしたのが、日本人ヤクザの襲撃だった。

ヤクザはマフィアのボスを殺害し、マシンガンを打ち続けながら逃走を図る。ニックとチャーリーはすぐに彼らを追いかけ、ヤクザの頭である佐藤(松田優作)を逮捕した。

しかし、佐藤は日本国内でも指名手配中の男であり、日本への引き渡しが決定してしまう。チャーリーとニックは佐藤を護送するため、一緒に日本へ飛び立つことになった。

日本の大阪空港に到着すると、すぐに警察が迎えに来ていた。ニックは佐藤を引き渡して安堵するが、その相手が偽の警察であることが発覚。指名手配中の佐藤を取り逃がしてしまう。

責任を感じたニックとチャーリーは大阪府警の捜査に加わろうとするが、警部部長がこれを許さなかった。そして2人の銃を押収し、松本警部補(高倉健)の監視下に置くのだが・・・。

スポンサードリンク


日本の名優がハリウッド映画に出演!ブラック・レインの感想

主な舞台な日本であり、高倉健さんや松田優作さんも出演しているので日本風の映画かな〜と思っていたのですが、バリバリのハリウッド映画でした。

数々の名作を作ってきたリドリー・スコット監督の映画だけに、アクションシーンは迫力があります。

健さんは刑事役で流暢な英語も披露しており、とてもかっこよかったですね。松田優作さんは極悪非道な日本のヤクザを熱演されていました。

健さんとマイケル・ダグラス、アンディ・ガルシアとの絡みも、不思議と初々しくて良かったです。

ちょっと残念だったのが、描き方がいかにも「アメリカから見た日本」だったことです。脇役の方の日本語もぎこちない部分が多々ありましたし、本当の日本人は違うのにな〜と思う所もありました。

またこのブラックレインには、内田裕也さんや若山富三郎さん、ガッツ石松さんらも出演しています。

そして松田優作さんの遺作映画でもあり、優作さんは撮影中にガンに侵されていたそうです。

日本を代表する名優が共演しているだけに、1度は見ておきたい映画だと言えるでしょう。

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る