心温まるヒューマンドラマのおすすめ映画ランキング

心温まるヒューマンドラマのおすすめ映画ランキング

私達に大きな感動を与えてくれるおすすめのヒューマンドラマ系の映画を、ランキング形式でまとめております。

心温まる素晴らしい映画は毎年各国で登場しており、今現在は膨大な数の作品が蓄積されています。以下は、その中でも特にお薦めの映画なので、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

第1位

ライフ・イズ・ビューティフル
ライフ・イズ・ビューティフル とても陽気な青年のグイドを主人公に、どんな時でも前向きに生きることの大切さを教えてくれる映画史上における傑作中の傑作です。監督と主演はロベルト・ベニーニが務めているのですが、イタリア映画にも関わらず、米アカデミー賞にて主演男優賞を獲得するという前代未聞の快挙を成し遂げました。テンポの良いストーリーで、見ていて全く飽きません。一生に一度は見ておきたい、心温まる感動のヒューマンドラマです。

詳細
製作年 上映時間 評価
1998年 117分 心温まるヒューマンドラマ,映画ランキング

第2位

マジェスティック
マジェスティック 1950年のアメリカを舞台に、事故によって記憶を無くしてしまった男が、ある町の英雄に間違われたことによって巻き起こる奇跡のヒューマンストーリー。第二次世界大戦によってたくさん若者を失った町に、奇跡的に戻ってきた1人の若者。ラストは想像以上の大きな感動を与えてくれます。主演はジム・キャリーで、監督はグリーンマイルのフランク・ダラボンが務めています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2001年 168分 心温まるヒューマンドラマ,映画ランキング

第3位

ちょんまげぷりん
ちょんまげぷりん シングルマザーのひろ子と一人息子の友也の前に現れた、たった一人のお侍、木島安兵衛。ひょんなきっかけでひろ子の家に居候させてもらうことになった安兵衛が、友也とひろ子に大きな気付きと感動を与えていきます。主人公のお侍さん役を錦戸亮が、シングルマザー役をともさかりえが、一人息子役を鈴木福君が演じています。想像以上に大きな感動を与えてくれる、おすすめの心温まるヒューマンドラマです。

詳細
製作年 上映時間 評価
2010年 108分 心温まるヒューマンドラマ,映画ランキング

第4位

ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 80歳の老体で生まれ、年を取るごとに少しずつ若返っていく男の一生を描いた、数奇なヒューマンドラマ。なんとなくイメージが出来そうなストーリーですが、実際に見てみると予想以上におもしろいです。普通の人とは逆に老いることで、新たな価値観で物事を見れるようになります。監督はデビッド・フィンチャーで、主演はブラッド・ピット。2008年アカデミー賞にて、3部門を受賞しています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2008年 167分 心温まるヒューマンドラマ,映画ランキング

第5位

かもめ食堂
かもめ食堂 フィンランドの静かな街角で「かもめ食堂」という小さな飲食店をオープンさせた日本人女性のサチエ。始めはお店の運営に悪戦苦闘しながらも、店を訪れた数少ないお客さんとの交流をきっかけにして、少しずつお店が盛り上がっていくというとてもナチュラルな雰囲気を持つ映画です。小林雅美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさんという3大女優が、とても絶妙な演技を披露されています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2005年 102分 心温まるヒューマンドラマ,映画ランキング

スポンサードリンク


 第6位

しあわせの隠れ場所
しあわせの隠れ場所 ホームレスで大柄な黒人少年のマイケル・オーアと、ある裕福な白人家族との強い絆を描いた心温まるヒューマンドラマです。実話を元にした映画であり、黒人少年だったマイケルは、今ではアメリカンフットボールのプロ選手として大活躍しています。また、主演を演じたサンドラ・ブロックは、米アカデミー賞にて主演女優賞を獲得。注目の若手女優、リリー・コリンズも娘役で出演しています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2009年 128分 心温まるヒューマンドラマ,映画ランキング

 第7位

ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 1960年代のアメリカ南部を舞台に、裕福な家に育った1人の若き編集者のスキーターが、人種差別問題に立ち向かっていく姿を描いた感動のハートフルストーリーです。黒人の仕事はメイドが主であり、黒人と白人のトイレは別々。そんな世の中に違和感を感じていた1人の若き女性が、周囲の人達を大きく動かしていきます。エマ・ストーンが主人公の若き編集者を熱演しています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2011年 146分 心温まるヒューマンドラマ,映画ランキング

 第8位

いま、会いにゆきます
いま、会いにゆきます 最愛の妻を亡くした夫と6歳の息子が、ある雨の日に死んだはずの妻と再会。記憶を失いながらも母さんが戻ってきたことによって巻き起こる、奇跡のヒューマンドラマです。市川拓司のベストセラー小説を映画化したもので、ラストは本当に大きな感動を与えてくれます。竹内結子と中村獅童が夫婦役を熱演しています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2004年 118分 心温まるヒューマンドラマ,映画ランキング

 第9位

横道世之介
横道世之介 1980年代後半の日本を舞台に、大学に入学したお人よしの青年が繰り広げるヒューマンドラマ。「出会っただけで、なんか得をしてしまうような人」と言われるような主人公・横道世之介が、何とも言えない感動や感性を私達に与えてくれる名作です。池松壮亮や綾野剛、吉高由里子などの人気若手俳優も共演しています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2012年 160分 心温まるヒューマンドラマ,映画ランキング

 第10位

扉をたたく人
扉をたたく人 初老の大学教授が、しばらく留守にしていたアパートに見知らぬ男女が住んでいるのを発見。本来なら事件沙汰になるところ、2人の事情を案じた教授が取った行動とは・・。妻を亡くし、人生に希望を持たずに淡々と暮らしていた男が、異文化で育った青年に触発され、次第に本当に生きがいや楽しさを取り戻していくという、心温まるヒューアンドラマです。

詳細
製作年 上映時間 評価
2007年 104分 心温まるヒューマンドラマ,映画ランキング

その他のおすすめヒューマンドラマ系映画

 椿山課長の七日間
突然死した中年のサラリーマンが、3日間だけ美女になって生き返り、家族や周囲の人達の想いに触れていく感動のファンタジー映画です。中年男役と西田敏行が、生き返る美女役を伊東美咲が演じています。2006年に製作された映画です。

 川の底からこんにちは
田舎から東京に出てOLとして働いていた主人公が、父親が病に伏したことをきっかけにして帰省し、実家のしじみ工場を受け継いでいくというヒューマンドラマです。本当に不思議なおもしろさと癒しを兼ね備えた映画で、特に女性からの評価が高いです。主演は満島ひかりさんで、この映画をきっかけに監督の石井裕也さんとご結婚されています。

 舟を編む
長い年月をかけて「大辞典」を作り上げる編集部を舞台にして、独特のセンスで辞書作りに励む生真面目な青年の動向を追った、感動のヒューマンドラマです。主人公の青年役を松田龍平が、ヒロイン役を宮崎あおいが務めています。2014年の日本アカデミー賞で、監督賞、作品賞、主演男優賞などの6部門を獲得した名作です。

 ラースと、その彼女
ライアン・ゴズリング演じる主人公が、ラブドール(リアルな人形)に恋をしてしまうという前代未聞のラブ・ストーリーです。ジャンルはコメディにされているケースが多いですが、実際に見てみると、とても心が温まるヒューマンドラマになっていました。家族や人間の絆を感じられる感動の一作です。

 ラブ・アクチュアリー
大統領や独身の作家、バンドに励む子供、独身OLなど、色んな立場の人達の恋愛を描いた、心温まるラブストーリー映画です。それぞれの登場人物が意外な部分でつながっている演出が見事。恋愛映画ではありますが、ヒューマンドラマの要素も併せ持った、世界中に多くのファンを持つ名作です。

スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る