人生に疲れた時におすすめの映画ランキング

人生に疲れた時におすすめの映画ランキング

人はそれぞれ、様々な立場や環境があり、時には人生に疲れてしまう時もあると思います。

このページでは、そんな時にちょっと心を癒してくれたり、元気付けたりしてくれるような映画をランキング形式でまとめてみました。いずれも名作揃いですので、ぜひご覧頂ければ幸いです。

第1位

横道世之介
横道世之介 人の頼みは断りきれない心優しき若者、横道世之介。出会った人をほんの少し得した気分にさせてくれる若者が、私達の心にも不思議な癒しを与えてくれます。1990年代前後の時代背景なので、40代〜50代ぐらいの方にもおすすめです。「悪人」などで有名な吉田修一さんの同名小説を、「南国料理人」や「キツツキと雨」で知られる沖田修一さんが映画化しています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2012年 160分 人生に疲れた時

第2位

川の底からこんにちは
川の底からこんにちは 田舎を飛び出して東京で堕落した生活を送っていたOLが、父の病をきっかけにして、実家の「しじみ工場」を受け継ぐことに。いろんなことがありながらも、頑張っていく人達の独特のタッチで描いた作品です。主人公は満島ひかりさんで、この作品の後に監督の石井裕也さんとご結婚されています。かなり不思議な面白さのある作品で、おすすめの映画です。

詳細
製作年 上映時間 評価
2009年 112分 人生に疲れた時

第3位

キャスト・アウェイ
キャスト・アウェイ 飛行機墜落事故で奇跡的に生き残った中年男性が、無人島に漂流。たった1人で過酷なサバイバル生活を強いられた男の物語です。「フォレスト・ガンプ」のトム・ハンクス主演×ロバート・ゼメキス監督の作品で、どんな状況に陥ったとしてもあきらめない大切さを教えてくれます。人間もともと、環境適応能力が備わっているのですね。

詳細
製作年 上映時間 評価
2000年 144分 人生に疲れた時

スポンサードリンク


第4位

舟を編む
舟を編む 編集部で辞書作りの部署に配属された青年が、様々な出来事を乗り越えて辞書を作っていく様子を描いたヒューマンドラマ。主人公の真面目な青年役を松田龍平さんが、ヒロイン役を宮崎あおいさんが演じています。この年の日本アカデミー賞では、松田龍平が主演男優賞を、石井裕也さんが監督賞を受賞しており、その他にも作品賞や脚本賞など、合計6部門を獲得した名作です。

詳細
製作年 上映時間 評価
2013年 133分 人生に疲れた時

第5位

ちょんまげぷりん
ちょんまげぷりん 会社員として働きながら、一人息子を育てていたシングルマザーのひろ子。ある日、江戸時代からタイムスリップしてきたと思われるお侍さんに出会い、ひょんなきっかけでひろ子の家に居候。このお侍さんの清く正しい生き方が、私達までも魅了してくれる心温まる人間ドラマです。一人息子は鈴木福君が、お侍さんは錦戸亮さんが、シングルマザー役はともさかりえさんが演じています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2010年 108分 人生に疲れた時

第6位

ラースと、その彼女
ラースと、その彼女 内気で繊細な会社員のラース。彼はある日、ネットでリアルの人形を購入し、それを自らのガールフレンドにしてしまう。そんな彼と、彼を見守る人達の交流を描いた、予想外の名作です。笑える部分あり、人の温かさを感じさせてくれる場面ありで、想像以上に素晴らしい映画です。ライアン・ゴズリングが主人公の内気な青年役を好演しています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2007年 106分 人生に疲れた時


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る