宇宙を舞台にした名作映画ランキング

宇宙を舞台にした名作映画ランキング

宇宙を舞台にしたおすすめの名作映画をランキング形式でまとめております。

第1位 インターステラー

移住可能な星を探し出すというミッションを実現するため、宇宙へと旅立ったエンジニア達の壮大な物語。ダークナイトシリーズのクリストファー・ノーラン監督の作品で、マシュー・マコノヒーやアン・ハサウェイが出演しています。広大な宇宙と共に色んな伏線が張り巡らさせ、深い家族愛までも描き出した宇宙映画の傑作です。(2014年、169分)

第2位 ゼロ・グラビティ

スペースシャトルの船外活動中に、予想外のトラブルに巻き込まれた宇宙飛行士のサバイバルをリアルに描いた作品。絶体絶命の状況に追い込まれた宇宙飛行士を、サンドラ・ブロックが熱演しています。第86回アカデミー賞では監督賞や作曲賞を始めとして、7部門を受賞しています。(2013年、91分)

第3位 エイリアン

リドリースコット監督、シガニー・ウィーバー主演のSFホラー映画の名作です。地球へと帰還中の宇宙船が謎の異性生物と遭遇し、恐怖におののきながらも必死に戦う姿が描かれています。エイリアンの恐さを十二分に引き出している演出は、本当に見事だと思います。(1979年、116分)

第4位 エイリアン2

世界的大ヒットを収めたSFホラー映画の第2弾です。今作ではジェームズ・キャメロンが監督を務め、海兵隊員とエイリアン達との壮絶な戦いを描いています。前作から57年後を舞台にしており、エイリアン唯一知る人物、リプリー(シガニー・ウィーバー)が再びエイリアンとの戦いに挑みます。(1986年、153年)

第5位 スター・ウォーズ(エピドード4〜6、1〜3)

世界的ブームを巻き起こした、誰もが知っている大ヒットSF映画です。広大な宇宙を舞台にして、平和を守ろうとする反乱軍とダース・ベイダー率いる帝国軍との戦いが描かれています。一応3部作として公開されており、エピソード4〜6が1977年〜1983年にかけて、エピソード1〜3までが1999年〜2005年にかけて製作されています。そして、2015年の冬にはスター・ウォーズシリーズの新たな3部作が公開される予定です。

スポンサードリンク


第6位 スター・トレック(2009年)

1966年にスタートしたアメリカの大人気SFドラマを、2009年にJ・J・エイブラムス監督がリメイクした映画です。惑星連邦艦隊の中で生まれた主人公のカークが一人前になるまでの姿を、臨調感溢れる映像で描いています。(2009年、126分)

第7位 スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年)

2009年のスター・トレックの続編となる作品です。今作ではベネディクト・カンバーバッチが演じる最悪の敵が出現し、味方を守るための壮絶な戦いが繰り広げられます。今作もJ・J・エイブラムスが監督を務めています。(2013年、132分)

第8位 遠い空の向こうに


宇宙に大きな興味を持ち、ロケットを飛ばすことに情熱を傾けた高校生達の青春ドラマ。1950年代後半のアメリカが舞台となっており、NASAの元技術者の自伝小説「ロケット・ボーイズ」をもとにして作られた映画です。親子の絆や人生の大切さなどを教えてくれる良作です。(1999年、107分)

第9位 2001年宇宙の旅

映画界の巨匠と言われるスタンリー・キューブリック監督が、1968年に製作した宇宙映画です。芸術作品のような側面もあり、映画評論家の方々からの評価も高いです。(1968年、148分)

第10位 マン・オブ・スティール

DCコミックの代表作の1つ「スーパーマン」を、300のザック・スナイダー監督がリメイクした作品。スーパーマンの誕生から成長、そして外敵との戦いまで、しっかりと描ききっています。ダークナイトのクリストファー・ノーランも製作としてこの映画に関わっています。(2013年、143分)

第11位 アポロ13

1970年のアポロ13号の爆発事故の実話を元にして作られた映画。月に到達する直前に爆発事故が発生し、地球に帰還できるかどうかのギリギリの状況が描かれています。主演はトム・ハンクスです。(1995年、140分)

第12位 プロメテウス

2089年の世界を舞台に、ある惑星に降り立った人達の衝撃的な事件を描いたSF映画。エイリアンのリドリー・スコットが監督を務めており、予期せぬストーリー展開が見物です。(2012年、124分)

第13位 ジュピター

マトリックスで世界的に有名な監督となったウォシャウスキー姉弟が、2015年の作り上げたオリジナルのSFアクション映画。宇宙を凌駕するほどの力を持った王族と、その遺伝子を持つ地球人の壮絶な運命が描かれています。(2015年、128分)


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る