パニック映画のおすすめランキング

パニック映画のおすすめランキング

ギリギリの緊張感。追い詰められる緊迫感。絶体絶命の状況から、どう抜け出すのか。

このような要素が詰まったおすすめのパニック映画を、ランキング形式でまとめました。改めて探してみると、映画史に名を残す名作が揃っています。

ホラーやサスペンス、ミステリー系がお好きな方でも、きっと楽しめるのではないでしょうか。まだ見ていない映画がございましたら、お時間のある時にもで是非ご覧になってくださいね♪

第1位 エイリアン(116分、1979年のアメリカ映画)

エイリアン

地球に戻ろうとしていた大型宇宙船のクルーが、未知の異性生物”エイリアン”と遭遇。今まで見たことも経験したこともない事態に直面した乗組員達は、完全にパニック状態に陥ります。

エイリアンが少しずつベールを抜いていき、最後には一体どうなってしまうのか・・・。ドキドキのSFパニック映画です。

主演はシガニー・ウォーバーで、監督はリドリー・スコット。映画界では誰でも知っているこのお2人にとって、出世作だと言われる映画です。

昔の映画でも色褪せることない名作なので、まだ見ていない方へ是非おすすめしたいです。


第2位 エイリアン2(153分、1986年のアメリカ映画)

エイリアン2

大ヒットした1作目の続編です。前作は”エイリアンとの遭遇”の場面が中心でしたが、今作では”エイリアンとの戦い”が主として描かれており、宇宙船の乗組員は、なんと海兵隊です。人間とエイリアン達の壮絶な戦いが描かれており、そのパニック感やドキドキ感は前作以上にスゴイものがあります。

主演は引き続きシガニー・ウィーバーで、監督・脚本はジェームズ・キャメロン。数々の名作を世に送り出しているジェームズ・キャメロンが描くエイリアンも、本当にスゴイです。


第3位 ゼロ・グラビティ(91分、2013年のアメリカ映画)

ゼロ・グラビティ

スペースシャトルでの船外活動中に、予想外の事故が発生。シャトルに戻れずに宇宙に放り出されてしまった2人の宇宙飛行士の、壮絶なサバイバルが描かれています。

絶体絶命の状況でパニックに陥った主人公は、果たして地球に戻ってこれるのか・・・。

主な出演者はサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーで、ほとんどこの2人しか出てきません。映画界でも絶賛する著名人が多く、第86回アカデミー賞では「監督賞」をはじめとして7部門を受賞しています。


第4位 ジョーズ(124分、1975年のアメリカ映画)

ジョーズ

海水浴場が人気に観光地で、突如現れた人食い鮫。突如襲ってくる鮫から逃れる人々や、海の安全を守ろうとする警察署長らの戦いを描いた名作映画です。

主演はロイ・シャイダーで、監督はスティーブン・スピルバーグ。第48回アカデミー賞では作曲賞や音響賞、編集賞を受賞しています。

凶暴な鮫=ジョーズという代名詞が付いてしまうぐらい、一大ブームを巻き起こした作品です。


第5位 激突!(89分、1971年のアメリカ映画)

激突!


ハイウェイを運転中だった平凡なセールスマンが、1台の大型トレーラーに遭遇。安易に追い越したことによってそのトレーラーの運転手から怒りを買い、執拗なまでに追走されるサスペンスパニック映画です。

トレーラーの運転手は全く謎の人物で、全く顔を出しません。今や世界を代表する映画監督となったスティーブン・スピルバーグが、初めて監督を務めた作品です。

スポンサードリンク


まだまだあります!見ておきたいお薦めパニック映画

 遊星からの物体X(109分、1982年のアメリカ映画)

遊星からの物体X

極寒の南極基地で任務にあたっていた隊員達が、予想外のハプニングに遭遇。やがて得体の知れない未知の生物の存在に気付き、疑心暗鬼の状態に陥っていくパニックホラー映画です。

登場人物側の視点で描かれており、見ている私たちも”物体X”の存在が解かりません。サスペンス色も強く、最後までその正体の謎に惹き込まれてしまいます。

監督はジョン・カーペンターで、カート・ラッセルが主演を務めています。パニック系だけでなく、サスペンスやホラー映画が好きな方にもおすすめです。


 タクシードライバー(114分、1976年のアメリカ映画)

タクシードライバー

ベトナム戦争からニューヨークに帰ってきた純朴な青年が、孤独感や社会への不満を募らせ、やがて狂気に満ちていく姿を描いた社会派のサスペンスドラマ。

始めは全く普通のドラマなのですが、中盤以降はジワジワと恐くなってきます。

主人公のタクシードライバーの青年役は、名優ロバート・デ・ニーロ。監督はデニーロと数多くの映画を作り上げてきたマーティン・スコセッシです。

1976年に製作され、今現在も語り継がれる名作映画の1つです。


 ローン・サバイバー(121分、2013年のアメリカ映画)


ローン・サバイバー

アメリカ軍隊の特殊精鋭部隊「ネイビーシールス」の実話を描いた映画。史上最悪の悲劇と言われた2005年の「レッド・ウィング作戦」を、実際に戦地に趣いた男の手記をもとにして描いています。

絶体絶命の状況に追い詰められた隊員達は、パニックに陥りながらも生還することができるのか・・・。

主演は「テッド」シリーズや「ミニミニ大作戦」、「トランスフォーマー ロストエイジ」等で有名なマーク・ウォールバーグです。


 ザ・コール 緊急通報指令室(94分、2013年のアメリカ映画)

ザ・コール 緊急通報指令室

日本の110番通報にあたる、アメリカの「911緊急通報指令室」が舞台。誘拐された女の子からの通報を受け、決死のオペレーションに挑む女性オペレーターの姿が描かれています。

主演はハル・ベリーで、もう緊迫感が止まりません。たった1本の通報から、救出まで辿り着けるのか・・。衝撃のラストが待ち受けています。


 シャイニング(119分、1980年のイタリア映画)

シャイニング

映画界の巨匠、スタンリー・キューブリック監督のサスペンス・ホラー映画です。

シンプルなストーリーながら、ジワジワと迫りくる恐怖感はすごいものがあります。次第に精神が崩壊していく主人公の男を、ジャック・ニコルソンが見事に演じています。



 告白(106分、2010年の日本映画)

告白

娘を殺害されたある女性教師の、衝撃的な復讐劇を描いたサスペンス映画。復讐する相手は中学生。女性教師が仕掛けた様々なトラップにより、生徒達がパニック状態に陥ります。

湊かなえの原作を、中島哲也監督が映画化。主演は松たか子で、木村佳乃、岡田将生、橋本愛らも出演しています。R-15指定です。

スポンサードリンク


掲載中のパニック映画一覧