2006年(平成18年)製作の映画一覧

2006年(平成18年)に製作された映画一覧

2006年(平成18年)は、トリノ冬季オリンピックやサッカーのFIFAワールドカップが開催された年です。フィギュアスケートでは荒川静香選手が金メダルとなり、イナバウアーという言葉も流行語になりましたね。

その他、表参道ヒルズや神戸空港がオープンしたり、携帯電話の番号ポータビリティ制度がスタートしたりなど、社会的にも様々なニュースがありました。

また第一次安倍内閣が誕生したのも、2006年です。ソニーのプレイステーション3や任天堂のWiiが発売されたりなど、ヒット商品も数多く登場しています。

そんな2006年を代表する映画には、以下のような作品が挙げられます。

2006年に製作された代表的な洋画

007/カジノロワイヤル、プラダを着た悪魔、M:I:V(ミッション:インポッシブル3)、ダ・ヴィンチ・コード、 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト、ラスト・ホリデイ、アドレナリン、インサイド・マン

2006年に製作された代表的な邦画

フラガール、ただ、君を愛している、アヒルと鴨のコインロッカー、手紙、嫌われ松子の一生、タイヨウのうた、ゆれる

洋画は大ヒットシリーズ映画が数多く公開された年であり、邦画も名作が多いですね。色褪せることのない、素敵な映画が揃っている印象があります。

以下のタイトル名をクリックすると、各映画の出演者や上映時間、冒頭のあらすじなどをチェックできます。

タイトル 監督 主演 評価(100点満点)
デジャブ トニー・スコット ジェリー・ブラッカイマー 92


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る