パリより愛をこめて(2010年の映画)をユーネクストで見た感想

パリより愛をこめて(2010年の映画)をユーネクストで見た感想

ジョン・トラボルタ主演のアクション!パリより愛をこめて

タイトル パリより愛をこめて
原題 From Paris with Love
製作年/製作国 2010年/フランス
劇場公開日(日本) 2010年5月15日
配給 ワーナー・ブラザース映画
監督 ピエール・モレル
製作 リュック・ベッソン、インディア・オズボーン
指定 R15+
キャスト
(出演者)
ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース=マイヤーズ、カシア・スムトゥニアク、リチャード・ダーデン、アンバー・ローズ・レヴァ
収録時間 95分
動画配信サービス ユーネクスト

レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

2010年にフランスで製作されたジョン・トラボルタ主演のサスペンス・アクション映画。ジョン・トラボルタはアメリカからやってきた豪快かつ型破りなCIAエージェントを好演。また彼の相棒役はジョナサン・リース=マイヤーズが演じており、見習いのCIAエージェント役を体当たりで務めています。

メガホンを取ったのはリーアム・ニーソン主演の「96時間」などの映画で知られるピエール・モレルで、製作は「レオン」で有名なリュック・ベッソンです。

サスペンスフルな展開で、見応え十分なアクション映画となっていました。

スポンサードリンク


映画「パリより愛をこめて」の冒頭のあらすじ

パリ在住のジェームズ・リースは、アメリカ大使館で働く外交官。ベニントン大使の秘書として様々な仕事をこなす傍ら、CIAエージェントの見習いという裏の顔を持ち合わせていた。

プライベートにおいては恋人のキャロリン(カシア・スムトゥニアク)と幸せな毎日を送っている。

そんなある日、ジェームズへCIAの上司から1本の連絡が入った。その内容は、アメリカから麻薬捜査のためにやってきた捜査官、ワックス(ジョン・トラボルタ)が空港でトラブルを起こしているため、迎えに行って欲しいという依頼だった。

ジェームズは恋人のキャロリンを自宅に残し、すぐに空港へと向かう。そこではワックスが持ち込み禁止の物品について、空港の職員と言い争っていた。

この状況を把握したジェームズは機転を効かして問題を解決。ワックスの指示に従い、ある中華料理店へと車を走らせる。

そこでワックスは食事をするのかと思いきや、突然スタッフに対して高圧的な態度を取り始め・・・。

スポンサードリンク


アクションだけじゃなくサスペンス感も楽しめる映画

「R15+」指定のフランス映画なのですが、豪快なアクションシーンだけでなくサスペンスフルなストーリー展開となっており、最後までドキドキしながら見ることができました。

ジョン・トラボルタが豪快過ぎるCIAエージェントを。そしてアイルランド出身のイケメン俳優であるジョナサン・リース=マイヤーズが、若々しい見習いのエージェント役を見事に演じており、このコンビも良かったですね。

最初は単純な麻薬捜査を思いきや、中盤から新たな危機の匂いがプンプンと出てきます。

そしてラストは、序盤の内容からは予想が困難な展開となっており、サスペンス映画がお好きな方にもおすすめできる映画です。

95分間という比較的短い時間で見れる映画なので、アクションやサスペンスがお好きな方は、ぜひご覧になってみてください。

今回の「パリより愛をこめて」は、動画配信サービスのユーネクストで鑑賞しました。(記事掲載日:2020年5月23日)

ユーネクストの無料トライアルはこちら↓


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る