ナイトクローラー(2014年映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

過激なパパラッチを描いた映画「ナイトクローラー」

タイトル ナイトクローラー
原題 Nightcrawler
製作年/製作国 2014年/アメリカ
配給 ギャガ
監督 ダン・ギルロイ
キャスト
(出演者)
ジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソ、リズ・アーメッド、ビル・パクストン、アン・キューザック
収録時間 118分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

通称ナイトクローラーと呼ばれる映像パパラッチの仕事を始めた青年が、すごい映像をものにするために一線を越えてしまう姿を描いたサスペンス映画。

主演はジェイク・ギレンホールで、9キロも減量して猟奇的な青年を好演。倫理観を完全に無視する青年は、一体どうなってしまうのか・・・。ラストの展開が大きな見どころとなっています。

スポンサードリンク


映画「ナイトクローラー」の冒頭のあらすじ

ロサンゼルスに住む青年のルイス・ブルーム(ジェイク・ギレンホール)は、工事現場でフェンスを盗もうとしていた。しかし警備員に見つかってしまい、窮地に立たされる。そこでブルームは咄嗟に警備員を襲い、フェンスと時計を盗み出した。

ブルームは盗んだフェンスを工事現場で売ろうとしたが、現場監督はこれを拒否。仕事は無いかと尋ねるも、泥棒を雇う気は無いと言って断られてしまう。

その後ブルームは、車の事故現場に偶然遭遇する。そこで見たのが、事故の状況を撮影しているカメラマンの姿だった。

彼らに触発されたブルームはとある店に行き、盗んできた自転車を差し出して、警察無線受信機とビデオカメラを手に入れる。そして車強盗の襲撃現場を撮影し、ローカル局への売り込みを試みた。

朝のニュース番組のプロデューサーを務めるニーナ(レネ・ルッソ)は、ブルームの映像を購入。彼に対して、良い映像が取れたら連絡するように伝える。

その後ブルームはアシスタントを雇い、本格的に映像パパラッチの仕事にのめり込んでいくのだが・・・。

スポンサードリンク


暴走した彼はどうなるのか!?ナイトクローラーの感想

真面目な青年が暴走してしまうストーリー展開かと思いきや、最初からやばい雰囲気を醸し出している青年が主人公でした。

倫理観が無く、人を人と思っていないような人間が映像パパラッチの仕事にはまったら、どうなってしまうのか・・・。

本当にとんでもない主人公なので最後はそれなりの報いを受けるのかと思ったのですが、この映画はそうではありません。

人間として完全に崩壊しているのに、それはそれで成り立ってしまう部分が凄いと思ってしまいましたね。

ある意味、現代社会を風刺しているかのようでした。

そして主人公のブルームを演じたのが、ハリウッドの若き名優ジェイク・ギレンホールです。清純派のイメージが強いジェイクですが、この映画では全く違います。

9キロも減量し、完全に狂ってしまっている青年を好演していました。

見ていてあまり気持ちの良い映画ではありませんが、サスペンス的な魅力はスゴイものがあります。マスコミや映像関係の仕事に興味がある方に、おすすめの作品です。

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る

 

ナイトクローラー(2014年映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報関連ページ

百円の恋
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密