百円の恋 映画

安藤サラクがアカデミー最優秀主演女優賞を受賞!百円の恋

タイトル 百円の恋
製作年/製作国 2014年/日本
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
監督 武正晴
映画賞 第39回アカデミー賞:最優秀主演女優賞、最優秀脚本賞
キャスト
(出演者)
安藤サクラ、新井浩文、稲川実代子、早織、宇野祥平、坂田聡、根岸季衣、重松収、沖田裕樹
指定 R15+
収録時間 113分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

32歳のひきこもり女性が、妹と喧嘩して家出。その後あるきっかけで好きな人と急接近し、やがてボクシングに打ち込んでいく姿を描いた人間ドラマです。

主演の安藤サクラさんは、この映画で第39回アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞します。それにも大納得できるぐらい、本当に熱のこもったスゴイ演技でした。

はじめはダメダメだったアラサーの女性が、どのように変化していくのか・・・。想像以上におもしろかったです。思わず笑ってしまう場面があったり、感動させてくれるシーンがあったり、見ているこっちが勇気づけられてしまうところがあったりなど、不思議な魅力を持つ映画です。

本当に予想以上におもしろいので、おすすめですよ(^^♪

スポンサードリンク


映画「百円の恋」の冒頭のあらすじ

実家に引きこもり、自堕落な生活を送っていた32歳の一子(安藤サクラ)。実家ではお弁当屋さんを営んでいたが、一子は全く手伝おうとしない。

そんな中、妹の二三子が離婚し、小さい息子を連れて実家に戻ってきた。二三子は家の弁当店を手伝うも、一子は甥っ子とゲーム三昧。そんな姉の姿に怒った二三子は、一子に暴言を吐く。

やがて2人は取っ組み合いの喧嘩になり、一子は家を出ていくことになった。

安いアパートで一人暮らしを始めた一子は、いつも通っていた小さい百円ショップでアルバイトを始める。人手が足りない深夜勤務となり、そこでは口うるさい40代の男性と一緒に働くことが多かった。

そんな一子の楽しみと言えば、百円ショップの通り道にあるボクシングジムを覗き見すること。そのジムでストイックにトレーニングに打ち込むボクサー・狩野(新井浩文)のことが気になっていたのだ。

ある日、その狩野は一子が勤める百円ショップに、バナナを買いに来た。しかし、レジでちょっとしたトラブルになり、狩野はレジにバナナを置き忘れてしまう。

これをきっかけにして、狩野と一子は顔見知りに。やがて驚いたことに、狩野の方から一子をデートに誘い、2人の距離は急接近して行くのだが・・・。

スポンサードリンク


不思議な魅力が詰まった素晴らしい映画!「百円の恋」の感想

映画の始まりはもう本当にダメダメのアラサーニート女子が出てきて、「うわ〜どうなるのかな・・・」と思って見始めましたが、後半はもう本当におもしろかったです。

そのギャップにぐいぐい引き込まれ、終盤は全く目が離せませんでした。

こんなスゴイ映画が存在してたんだ・・・と思うぐらい、不思議なおもしろさや、何とも言えない感覚・感動を与えてくれる作品でしたね。

主人公の一子を演じた安藤サクラさんがアカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞しましたが、当時この映画を見ていなかった私は正直なところ「なんで!?」と思いました。

しかし、映画を見終わった今では、この受賞は絶対に間違いなどではないこと、そして唯一無二の素晴らしい演技をされていたことを、改めて知りましたね。

アメリカでは何十キロも痩せたりなど、衝撃的な役作りをした俳優さんが主演男優賞を受賞したりします。でも、安藤さんの場合はそれだけではありません。アラサーニートの役作りだけでなく、実に泥臭い演技も光っていました。

ロッキーサウスポーなど、ボクシング映画にははいろいろな名作がありますが、こんなテイストの作品は初めてです。

滅多にない種類のすばらしい作品ですので、すべての映画ファンの方々へおすすめしたいです(^^♪

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る

 

百円の恋(映画)の感想や冒頭のあらすじ、キャスト情報関連ページ

ナイトクローラー
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密