笑福亭鶴瓶主演のヒューマン映画「ディア・ドクター」を見た感想

笑福亭鶴瓶初主演の人間ドラマ「ディア・ドクター」

タイトル ディア・ドクター
製作年/製作国 2009年/日本
監督 西川美和
原作・脚本 西川美和
出演 笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子、八千草薫、井川遥、香川照之、笹野高史、松重豊、岩松了
収録時間 127分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

山間部の小さな村に勤務する中年医師が失踪。なぜ、彼は消えてしまったのか。その理由を情緒豊かに綴った人間ドラマです。

「ゆれる」などの映画で有名な西川美和氏が監督・脚本・原作を務めている映画で、笑福亭鶴瓶さんの初主演映画でもあります。

冒頭のあらすじ

人口が1,000人ぐらいの、山間部に位置する神和田村。ここには村で唯一の診療所があったが、そこに務めていた医師・伊野治(笑福亭鶴瓶)が突然失踪した。

長年一緒に働いてきた看護師の大竹朱美(余貴美子)や、村に来たばかりの研修医の相馬啓介(瑛太)は、伊野治の失踪に戸惑う。村には2人の刑事が訪れ、伊野治の行方を探ろうとしていた・・。

昔、神和田村には医師が誰もおらず、そんな村にやってきたのが伊野治だった。彼は村人達の病気や怪我の治療を全て引き受け、いつしか村では欠かすことのできない存在になっていた。

研修医としてやってきた相馬は、始めは慣れない村での仕事に戸惑う。しかし、次第に伊野治の人柄や考え方に同感するようになり、いつしか今後も伊野治と一緒に働きたいと思うようになっていた・・。

スポンサードリンク



「ディア・ドクター」を見た感想

キャッチコピーは「その嘘は、罪ですか。」とのことですが、まさにこの言葉がぴったりの映画でした。

ストーリーは山間部の村で働く医師が失踪する部分から始まり、その後少しずつ、その医師の軌跡を辿っていく内容になっています。

そして少しずつ中年医師の人柄や仕事ぶりが明らかになっていき、法的には許されない事実も後半で明かされることになります。

話自体はとてもシンプルな内容ですが、深みがあり、考えさせられる部分が多い作品でしたね。西川美和監督らしい映画だと思いました。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る

笑福亭鶴瓶主演のヒューマン映画「ディア・ドクター」を見た感想関連ページ

完全なる報復
月に囚われた男