リミット(2009年の映画)の感想や出演者情報

リミット(2009年の映画)の感想や出演者情報

ライアン・レイノルズ主演のサスペンス映画!リミット

タイトル リミット
原題 Buried
製作年/製作国 2009年/スペイン
劇場公開日(日本) 2010年11月6日
配給 ギャガ
監督 ロドリゴ・コルテス
キャスト
(出演者)
ライアン・レイノルズ
収録時間 90分
動画配信サービス ユーネクスト

レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星3つ

映画のポイント

デッドプール」などで有名なライアン・レイノルズが主演を務めた2010年公開のサスペンス映画。

棺の中で目覚めた主人公のポールは、無事に脱出できるのか。ラストは誰もが予想できない展開が待ち受けていました。

「王様のブランチ」の”大どんでん返し映画特集”で紹介されていたのですが、本当に予想を裏切られる作品です。

スポンサードリンク


映画「リミット」の冒頭のあらすじ

故郷であるアメリカに妻と子供を残し、地域の復興のため、単身でイラクに出張していたポール・コンロイ(ライアン・レイノルズ)。彼の職業はトラック運転手であり、CRT(Crestin, Roland and Thomas)という企業の従業員だった。

そんな彼はある日、複数台のトラックで台所用品を輸送中に襲撃を受け、目を覚ますと木製の棺桶の中に閉じ込められていた。

手を縛られていたポールは必至にもがいて縛りをほどくと、棺桶の中でブラックベリーの携帯電話を見つける。

携帯電話は発信が可能な状態であり、ポールは知人やアメリカのFBIなど様々な場所へ電話をし、助けを求めた。

そして彼は、通話履歴の中に見知らぬ番号があることを発見。不審に思った彼はその番号へ電話をしたところ、相手は犯人と思われる男だった。

スポンサードリンク


予想外の結末に唖然!とても後味が悪い映画

2020年6月27日の土曜日に放送されたTBSの「王様のブランチ」の映画コーナー”みんながダマされた!大どんでん返し映画特集”で紹介され、結末が気になってユーネクストで鑑賞してみたのですが・・・。

見終わって思わず「なんてこった・・・・」という言葉が大きなため息と共に出てきました。

主人公が密閉された棺桶の中で目覚め、脱出を試みるという出だしなのですが、この手の映画の場合、主人公が無事に助け出されてハッピーエンドを迎えるというのが王道のストーリー展開です。

しかしながら、この「リミット」という映画の場合・・・。

王様のブランチが言っていた「大どんでん返し」という言葉が適切かどうかはちょっとわかりませんが、本当に予想外の結末が待ち受けていました。

一つ言えることは、見終わった後に「良かった」と思える映画ではないことです。後味がとても悪く、個人的には人におすすめできません。

王様のブランチを見てこの「リミット」を鑑賞した方は多いと思いますが、「こんな映画紹介しないで欲しい・・」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。私も正直なところ、そんな気持ちが湧き上がってきました。

今回の「リミット」は、動画配信サービスのユーネクストで鑑賞しました。

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る

リミット(2009年の映画)の感想や出演者情報関連ページ

完全なる報復
ディア・ドクター
月に囚われた男