月に囚われた男(映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

ダンカン・ジョーンズの初監督作品「月に囚われた男」

タイトル 月に囚われた男
原題 Moon
製作年/製作国 2009年/イギリス
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
監督・原案 ダンカン・ジョーンズ
キャスト
(出演者)
サム・ロックウェル、ケビン・スペイシー(声の出演)、ドミニク・マケリゴット、カヤ・スコデラーリオ
収録時間 97分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

世界的に有名なミュージシャンであり、役者としても活躍されていた故デヴィッド・ボウイ。その息子であるダンカン・ジョーンズが、初めて長編映画の監督を務めたSFサスペンス映画です。

地球にエネルギーを供給するために、月に居住してたった1人で働く主人公のサムは、一体何者なのか。驚きの事実が明らかになります。

スポンサードリンク


映画「月に囚われた男」の冒頭のあらすじ

近未来の地球。エネルギーが枯渇した人類は、新たな燃料を得るために「月」の開発に着手する。

月での燃料源採掘に取り組むルナ産業は、従業員のサム・ベル(サム・ロックウェル)を月に派遣。サムはたった1人で、月での業務に従事していた。

彼には妻子があり、契約期間は3年。時々電話で愛する妻と話しながら、帰還する日を心待ちにしている。

そんな彼の唯一の話し相手は、人工知能を備えたロボット(声の出演:ケヴィン・スペイシー)のみ。サムは日々ロボットと話しながら、気を紛らわせていた。

そして任務終了まで2週間となった日、サムの周囲で衝撃的な出来事が発生してしまい・・・。

スポンサードリンク


サムの驚くべき素性とは!?「月に囚われた男」感想

ダンカン・ジョーンズの初監督作品ということで注目して見てみたのですが、とても興味深いSFサスペンス映画でした。

主人公のサムは一体何者なのか。中盤以降は衝撃の事実が明らかになり、さらにそこから「ラストはどんな結末を迎えるんだろう!?」というドキドキ感も出てきます。

最後はしっかりオチも語られており、今作も見事な作品に仕上がっていましたね。

ちなみにダンカン・ジョーンズは、ジェイク・ギレンホール主演の「ミッション: 8ミニッツ」の監督を務めた人物です。

この映画を見て今回の「月に囚われた男」を見てみたわけですが、やはりダンカン監督の才能はスゴイな〜と思いました。

1971年生まれのまだまだ若い監督だけに、今後どのような映画を世に送り出してくれるのか、とても楽しみです(^^♪

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る

 

月に囚われた男(映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報関連ページ

完全なる報復
ディア・ドクター