ブライアン・デ・パルマ監督作品のおすすめ映画ランキング

ブライアン・デ・パルマ監督作品のおすすめ映画ランキング

サスペンスやアクション映画の巨匠として、ハリウッドでも有名なのがブライアン・デ・パルマ監督です。

独特な描写で見る者をぐっと惹きつけ、終盤は驚きの展開を見せてくれます。

しかしながらその良し悪しの差も大きいと言われており、必ずしも万人受けする映画ばかり作っているわけではないようですね。個性が強すぎるからこそ、賛否が分かれているのだと思います。

以下に、そんなブライアン・デ・パルマ監督作品のおすすめ映画を、ランキング形式でまとめました。

サスペンスやアクション映画がお好きな方へ、おすすめの作品が揃っています。まだ見ていない映画がありましたら、ぜひご覧頂ければ幸いです(^^♪

第1位 アンタッチャブル



1987年に製作された、ケビン・コスナー主演の刑事ドラマ映画です。1930年代にアメリカの裏社会を牛耳っていた男、アル・カポネに対して、不屈の精神で立ち向かう刑事らの姿が、デ・パルマ監督ならではの演出とタッチで描かれています。

アル・カポネ役はロバート・デ・ニーロが演じており、ハマリ役とも言えるぐらいのスゴイ雰囲気を放っています。また刑事役を演じたショーン・コネリーは、この年のアカデミー助演男優賞を受賞しました。

圧倒的な支配力を持つアル・カポネに対して、どう立ち向かっていくのか・・・。本当に素晴らしい映画なので、刑事ドラマ好きな方には特におすすめしたいです!

アンタッチャブルの冒頭のあらすじ・はこちら

アンタッチャブルの販売店はこちら


第2位 ミッション:インポッシブル




皆さまご存知、トム・クルーズ主演の大ヒットシリーズ映画の第1弾です。”不可能な任務”に挑むIMFエージェントの姿が描かれており、今や映画界を代表するアクション映画シリーズの1つとなっています。

トム・クルーズの功績は計り知れないものがありますが、そのきっかけの1因を作り出したのはブライアン・デ・パルマ監督だと言えるかもしれません。

この第1作目では限界ギリギリのアクションシーンに加えて、デ・パルマ監督ならではの演出も光っています。1996年に製作された映画ですが、20年以上経過した今でも、見返してみると面白いです(^^♪

ミッション:インポッシブルの冒頭のあらすじ・感想はこちら

ミッション:インポッシブルの販売店はこちら


第3位 パッション



2012年に製作されたレイチェル・マクアダムスク主演のサスペンス映画です。女性同士の裏切りや確執の末に起こった出来事とは・・・。衝撃的な展開へと私たちを導いてくれます。

賛否が分かれる映画かもしれませんが、ブライアン・デ・パルマ監督ならではのシーンもあり、サスペンス映画がお好きな方でしたらきっと楽しめると思います。

女性の上司に翻弄される部下役として、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」などで知られるノオミ・ラパスが出演しています。

パッションの冒頭のあらすじ・感想はこちら

パッションの販売店はこちら


第4位 殺しのドレス




デ・パルマ監督が1980年に作り上げたサスペンス映画です。ニューヨークにある建物のエレベーター内で、中年女性の殺人事件が発生。その目撃者も狙われる羽目に陥り、予想外のラストが待ち受けています。

主演はダークナイトシリーズで執事役を務めていたマイケル・ケインです。また、女性の目撃者役を務めたナンシー・アレンは、1979年〜1983年までブライアン・デ・パルマ監督の奥さんだったそうです。

「殺しのドレス」の冒頭のあらすじ・感想はこちら

「殺しのドレス」の販売店はこちら


第5位 スカーフェイス



1932年の「暗黒街の顔役」という作品を、ブライアン・デ・パルマ監督が1983年にリメイクした映画です。

主演はゴッド・ファーザーシリーズなどで知られる名優、アル・パチーノ。キューバからアメリカへ渡った1人の若者が、麻薬の密売で暗黒街のボスにのし上がっていく姿を、スリリングなタッチで描いています。

悪の世界でのし上がった男が、どんな結末を迎えるのか・・・。男の哀愁漂う作品です。

スカーフェイスの冒頭のあらすじ・感想はこちら

スカーフェイスの販売店はこちら


ブライアン・デ・パルマ監督はその他にも・・・

〇ミッドナイトクロス
〇カリートの道
〇キャリー
〇スネーク・アイズ
〇ブラック・ダリア
〇ボディ・ダブル

など、1960年代〜2010年代まで様々な映画を手掛けています。

スポンサードリンク

ブライアン・デ・パルマ監督ってどんな人?

ブライアン・デ・パルマ監督は1940年9月11日生まれで、アメリカのニュージャージー州出身です。

プロデューサーのゲイル・アン・ハードや女優のナンシー・アレンとの結婚歴があり、義理の娘であるウィラ・ホランドは、女優やモデルとしてアメリカで活躍されています。

デ・パルマ監督はフィルムスクール出身であり、1960年代から活発に映画を撮り続けています。

アンタッチャブルやミッション:インポッシブルなどの誰もが絶賛する映画がある一方で、不出来の作品もいくつかあり、完成した映画の良し悪しが激しいと評されることもあるようです。

しかしながら、見る者をぐっと惹きつける演出や撮り方は健在であり、サスペンス映画やアクション映画は名作が多いです。

ちなみに斬新な作品で知られるクエンティン・タランティーノ監督は、一時期デ・パルマ監督の映画に夢中になったと語っているそうです。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る