中村義洋監督作品のおすすめ映画ランキング

日本が誇る若き名監督!中村義洋監督作品の映画ランキング

「ちょんまげぷりん」や「奇跡のリンゴ」などの心温まる感動の映画だけでなく、「ゴールデンスランバー」や「白ゆき姫殺人事件」などの傑作サスペンスなど、数々の名作を世に送り出しているのが中村義洋監督です。

1970年生まれのまだまだ若い監督さんながら、既にたくさんの傑作を作っています。大学在学中は映画研究部に所属し、卒業後は崔洋一さん、伊丹十三さんらの助監督を務めます。その後、1999年に自主制作映画の「ローカルニュース」で監督デビューし、2005年ぐらいから勢力的に映画を作られています。

今後の日本の映画界で、最も注目すべき監督さんの1人であることは間違いありません。そんな中村義洋監督のおすすめ映画を、以下にランキング形式でまとめてみました。

第1位

ちょんまげぷりん
ちょんまげぷりん 江戸時代からタイムスリップしてきたお侍さんと、シングルマザー&小さな息子との交流を描いた、ハートフルストーリーです。エキストラの人だと思っていた人が、まさかの本物のお侍さん。新年を持って前に進むお侍さんの姿が、母と子に大きな感銘を与えます。お侍さんを錦戸亮さん、シングルマザー役をともさかりえさん、その息子役を鈴木福君が演じています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2010年 108分 中村義洋監督作品のおすすめ映画

第2位

アヒルと鴨のコインロッカー
アヒルと鴨のコインロッカー 本屋に強盗に入るという隣人の計画に巻き込まれた、大学生の椎名。彼を主人公にして、その計画の裏側に隠された秘密が、少しずつ明らかになっていくヒューマンドラマです。ストーリー全体がミステリアスかつトリッキーな感じで描かれており、演出が素晴らしいです。主演は濱田岳さんで、瑛太さんが強盗話を持ち掛ける男役を演じています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2006年 110分 中村義洋監督作品のおすすめ映画

スポンサードリンク


第3位

フィッシュストーリー
フィッシュストーリー 1975年〜2012年までの間で3〜4つのストーリーを描いている話なのですが、最後の驚きのつながりを見せてくれる映画です。「そういうことだったのか〜!!」という大きな感動を与えてくれました。伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來など、人気の若手俳優が次々の登場してくるところも見ものですね。

詳細
製作年 上映時間 評価
2009年 112分 中村義洋監督作品のおすすめ映画

第4位

ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー 宮城県仙台市でロケが行われた堺雅人主演のサスペンス映画です。巨大な陰謀によって総理大臣暗殺の濡れ衣を着せられた男の、壮絶な逃亡劇が描かれています。果たして、主人公は逃げ切ることが出来るのか。そして、事件の真相は何だったのか。中村義洋監督ならではの、最後まで見逃せない展開になっています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2009年 139分 中村義洋監督作品のおすすめ映画

第5位

白ゆき姫殺人事件
白ゆき姫殺人事件 湊かなえの同名ベストセラー小説を、中村義洋監督の手によって映画化した作品です。美人OLが殺害されたことによって、加熱する報道とネット。関係者の異なる見解によって情報が錯綜する中、最後に事実が明らかになるサスペンスドラマになっています。ネットや報道の恐ろしさや人間の性質なども描いた、魅惑的なサスペンスが映画です。

詳細
製作年 上映時間 評価
2014年 126分 中村義洋監督作品のおすすめ映画


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る