ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年の映画)の感想

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年の映画)の感想

サイモン・ペッグ主演のコメディ映画!ホット・ファズ

タイトル ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!
原題 Hot Fuzz
製作年/製作国 2007年/イギリス
劇場公開日(日本) 2008年7月5日
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
監督 エドガー・ライト
キャスト
(出演者)
サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ティモシー・ダルトン、ジム・ブロードベント、パディ・コンシダイン、オリヴィア・コールマン、ビル・ナイ、マーティン・フリーマン
収録時間 120分
指定 R15+
動画配信サービス ユーネクスト

レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

ミッション:インポッシブル フォールアウト」など様々な人気映画に出演しているサイモン・ペッグが主演を務めた、2007年製作のコメディ映画。

サイモン・ペッグは、ロンドンのエリート警察官でありながら、田舎の警察署に左遷されてしまうクールな警官役を熱演。映画のジャンルはコメディですが、サスペンスやホラーの要素も合わせ持つ個性的な作品に仕上がっています。

なおこの映画には、4代目ジェームズ・ボンド役として「007 消されたライセンス」等の作品で主演を務めた往年の名優、ティモシー・ダルトンも重要な役として出演。田舎町で発生した事件の真相は、一体何なにか。驚きの結末が待ち受けています。

スポンサードリンク


映画「ホット・ファズ」の冒頭のあらすじ

ニコラス・エンジェル(サイモン・ペッグ)は、ロンドンの首都警察に勤務する真面目な警察官。大学は首席で卒業し、警察学校ではトップの成績を記録。警察官になると地域の人気者になり、圧倒的な検挙率で数々の表彰を受けていた。

スポーツも万能で頭も良く、ロンドンで発生した数々の事件を解決。誰もが認めるエリート警察官である。

ある日、ニコラスは首都警察の巡査部長(マーティン・フリーマン)に呼び出された。話の内容は、田舎町であるサンドフォードの警察署への転勤だった。

ロンドンで圧倒的な成績を収めていたニコラスは、その決断に納得できない。巡査部長の上司を呼び出し、強引な転勤辞令に抗議した。

しかし、巡査部長の上司であるケネス警部(ビル・ナイ)は、彼に抗議を受け付けなかった。それどころか、「君が活躍し過ぎると、私達が無能に見られてしまう。目障りなんだ。」と切り捨て、ニコラスは渋々転勤の話に応じることとなった。

失意のどん底に突き落とされたニコラスは、田舎町サンフォードへと向かう。そしてホテルに宿泊することになった彼は、町の異様な雰囲気に違和感を覚え始め・・・。

スポンサードリンク


痛快なコメディ・ホラー映画!ホット・ファズの感想

今回はTBSで土曜日に放送されている人気長寿番組「王様のブランチ」の映画コーナーにて、LiLiCoさんが「夏休みにおすすめの映画」としてこの「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」を紹介しており、とても興味が湧いたので鑑賞してみました。

見終わった感想はズバリ「とにかく破天荒なブラック・コメディ映画で、面白かった!!」です。

LiLiCoさんよくまとまっている映画と語っていましたが、本当にその通りです。とにかくテンポが早くて笑える要素が随所に散りばめられており、ストーリー展開も見事でしたね。

サイモン・ペッグはおちゃらけた役の映画が多いですが、このホット・ファズでは堅物のエリート警察官役です。しかし、周囲の登場人物が本当にふざけているというか、はっちゃけている感じなので、その絡みも見ていて面白かったですね。

またブラック・コメディ映画ではあるものの、サスペンスやミステリー、ホラーの要素も詰まっています。映像が過激なシーンもあり、もう本当にやりたい放題やっています。

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」に匹敵するぐらい、ハチャメチャな印象です。

アメリカのぶっ飛んだコメディ映画がお好きな方でしたら、きっと楽しめる作品だと思います。

ストレスを吹き飛ばしたいと思った時など、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか(^^♪

今回の「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」はユーネクストで鑑賞しました。(記事執筆日:2020年8月2日)

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年の映画)の感想関連ページ

アウェイク