ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 感想や出演者情報 映画ランキング

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

原題 THE HANGOVER
製作年/製作国 2009年/アメリカ
※指定 R15+
監督 トッド・フィリップス
出演 ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ヘザー・グラハム、ジェフリー・タンバー、マイク・タイソン
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

冒頭のあらすじ

先が読めない映画は面白いと言いますが、これほどまでに先が読めない映画が他にあったでしょうか。

3日後に結婚式を控えたダグ。新婦の父から車をプレゼントされ、友人のフィル、ステュ、そして新婦の弟・アレンの男4人で、独身最後の旅行としてラスベガスに旅立ちます。

豪華ホテルにチェックインし、スイートルームで翌朝目が覚めたら・・・。

部屋はめちゃくちゃになっており、トイレには虎が1匹。ステュは歯が1本抜けており、フィルの腕には病院のリストバンド。そして赤ん坊の泣き声が聞こえたと思ったら、クローゼットの中には赤ちゃんが・・・。

さらに、大事な結婚式を控えたダグの姿が見当たりません。フィル、ステュ、アレンの3人は全員記憶を失っており、何が起こったのかさっぱりわかっていません。

そして3人は、ポケットの中などに残された手がかりをもとにして、ダグを探しに出かけるのですが・・・

スポンサードリンク



「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」を見た感想

本当に笑わせてくれる映画でした。ある友人に「最近見た映画で一番面白かったのものは?」と聞いたら「ハングオーバー」という答えが返ってきたので、その友達を信用して見てみたのですが、間違えてませんでした。こんなハチャメチャな映画は久しぶりに見た気がします。途中に元ヘビー級ボクサーのマイク・タイソンも出てきます。

3人が目覚めた後のストーリ展開は、本当に二日酔いでなければ出来ないようなことばかりです。といっても、普通に考えたら、二日酔いでも出来ない事なのですが(笑)。

見終わった後は、なんとなく爽快感が得られました。「身の回りに降りかかる失敗なんて、どうってことない」みたいな前向きな感情が沸き起こってきました。

落ち込んでいる時に見ると、意外と元気になれる作品かもしれません。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る