ミッション:インポッシブル フォールアウト(2018年の映画)の感想や冒頭のあらすじ

シリーズ第6弾!ミッション:インポッシブル フォールアウト

タイトル ミッション:インポッシブル フォールアウト
原題 Mission: Impossible - Fallout
製作年/製作国 2018年/アメリカ
配給 東和ピクチャーズ
監督 クリストファー・マッカリー
製作 トム・クルーズ、J・J・エイブラムス、クリストファー・マッカリー、ジェイク・マイヤーズ
キャスト
(出演者)
トム・クルーズ、ヘンリー・カビル、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、ビング・レイムス、バネッサ・カービー、ミシェル・モナハン、ショーン・ハリス、アレック・ボールドウィン、アンジェラ・バセット
収録時間 147分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

トム・クルーズが主演を務める世界的な大ヒット映画「ミッション:インポッシブル」の第6作目となる作品。

監督は前作の「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」に引き続き、クリストファー・マッカリーが担当。監督が同じ人物なのはシリーズ初のことであり、ローグ・ネイションで好評だった女優のレベッカ・ファーガソンも出演しています。

さらに、今作ではCIAのエージェント役として、マン・オブ・スティールやジャスティス・リーグでスーパーマン役を演じたヘンリー・カビルが出演。

車やバイクを駆使したアクションはもちろんのこと、トムが自らヘリコプターを操縦するアクロバット飛行など、とてつもなく凄いアクションシーンの連続です。

ストーリーは少し難解な部分もありますが、見る物をあっと驚かせるよう展開も待ち受けており・・・。シリーズ最高傑作の声も出ている傑作映画です。

スポンサードリンク


ミッション:インポッシブル フォールアウトの冒頭のあらすじ

IMFのエージェントであるイーサン・ハント(トム・クルーズ)らの活躍により、世界的な犯罪組織”シンジケート”のリーダーであるソロモン・レーンが収監。

世界に平和が訪れたと思いきや、シンジケートの生き残りが新たな組織”アポストル”を結成し、更なる破壊活動を企てようとしていた。

そんな中、ハントはベンジー(サイモン・ペッグ)やルーサー(ビング・レイムス)と協力し、盗まれた3つのプルトニウムの奪還を試みる。

しかし、受け渡し場所に突然現れた人物によって、危機的状況に。ハントは仲間の命を救おうとしたがために、プルトニウムを得体のしれない第三者に盗まれてしまう。

この事件の裏側には、アポストルのボスとされる”ジョン・ラーク”と、謎の女性ホワイト・ウィドウ(バネッサ・カービー)が大きく関与している思われていた。

これをイーサンの失態と判断したCIAは、彼の監視役としてエージェントのオーガスト・ウォーカー(ヘンリー・カビル)を同行させることに。

イーサンとオーガストはホワイト・ウィドウと接触するためにパリへ向かうのだが、そこでイーサンはイルサ(レベッカ・ファーガソン)と再会。

事態は思わぬ方向へと進み、絶対絶命の状況に追い込まれてしまうのだが・・・。

スポンサードリンク


とてつもないアクションの連続×驚きのストーリー展開!

最初から最後までとてつもないアクションシーンの連続で、本当に面白かったです。

”シリーズ史上最難関のミッション”や”ミッション:インポッシブルシリーズの最高傑作”という声も出ていましたが、この言葉にも納得ですね。

鉄板のバイク&カーアクションをはじめとして、地上7620メートルからのスカイダイビングや、ヘリコプターのアクロバット飛行など、今まで見たことが無いようなアクションの連続でした。

これらのシーンは全てスタントマンを使わずにトム・クルーズが演じたというのですから、もう脱帽です。終始スクリーンに釘付けになってしまいました。

さらに、今作「ミッション:インポッシブル フォールアウト」のスゴイところは、ストーリーの深みが増しているところです。

前作の「ローグ・ネイション」の続きの世界を描いているのですが、レベッカ・ファーガソン演じるイルサも出てきますし、ヘンリー・カビルが演じるCIAエージェントのオーガストも物語に大きく絡んできます。

登場人物と共に見ているこちら側も「えっ!ホント!?」と騙されてしまう場面もあり、ミッション:インポッシブルの魅力的な部分が凝縮されている印象もありましたね。

ただし、ストーリーは少し難解な部分があるので、最初の説明や登場人物の立ち位置を正しく把握していないと、途中からいまいち解からなくなる可能性もあると思います。

このため、特に序盤は集中してご覧になることをおすすめしたいです。

「ついに、ここまできてしまったか・・・!」と思わせてくれる本当にスゴイ映画ですので、ぜひご覧になってください(^^♪

スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る