女神の見えざる手(映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

社会派サスペンス映画の大傑作!「女神の見えざる手」

タイトル 女神の見えざる手
原題 Miss Sloane
製作年/製作国 2016年/アメリカ
配給 キノフィルムズ
監督 ジョン・マッデン
キャスト
(出演者)
ジェシカ・チャステイン、マーク・ストロング、ググ・バサ=ロー、アリソン・ピル、マイケル・スタールバーグ、ジョン・リスゴー、サム・ウォーターストン
収録時間 132分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

アメリカで重要視されている銃規制法案について、水面下で活躍するロビイストの姿を描いた、2016年製作の社会派サスペンス映画です。

「ゼロ・ダーク・サーティ」などの映画で知られるジェシカ・チャスティンが主演を務め、天才的な戦略家のエリザベス・スローンを熱演。キャリア一筋であり、情熱的かつ刹那的な女性を見事に演じきっています。

見る人の予想を超える本当にすごい映画ですので、ぜひご覧になることを強くお薦めします。

スポンサードリンク


映画「女神の見えざる手」の冒頭のあらすじ

ロビイストとして活躍しているエリザベス・スローン(ジェシカ・チャステイン)は、ワシントンの連邦議事堂で行われている聴聞会に出席。たくさんのマスコミや関係者が取り囲む中、スパーリング上院議員による聴取を受けている。

スローンは以前勤めていた大手のロビー会社、コール=クラヴィッツ&ウォーターマンでの仕事において、不正を犯していたという疑惑が持ち上がっていたのだ。

スパーリング上院議員の目的は、スローンのロビイストとしての活動を辞めさせること。しかし、スローンは一貫して、回答を拒否し続けている。

時を遡ること3ヵ月と1週間前、凄腕のロビイストして業界でも有名だったスローンのもとに、新たな仕事の依頼が舞い込んできた。

依頼主は、新たな銃規制法案を阻止しようとする銃擁護派団体の代表者、サンドフォード。彼は銃の所持が女性から支持されていないことを懸念しており、アメリカに住む女性達が銃に対する意識や考え方を変えるような、新たな組織を作りたいと考えていたのだ。

スローンはサンドフォードの依頼内容を聞いた途端、一人で爆笑し始める。そして彼の考え方を真っ向から否定し、会議室から出て行ってしまった。

その日の夜、スローンはパーティに参加するも、一通り挨拶を済ませてさっさと会場を後にする。そこに近づいてきた男が、銃規制法案の作成を後押しする小さなロビー会社のCEO、シュミット(マーク・ストロング)だった。

シュミットは、スローンがサンドフォードの依頼を断ったことを知り、彼女をヘッドハンティングしようと近づいてきたのだ。スローンはシュミットから報酬に関するメモ書きを受け取り、2人はそれぞれの岐路についた。

後日、スローンはサンフォードの依頼を拒否したことについて、上司から酷く叱咤される。そしてコール=クラヴィッツ&ウォーターマンを退社し、シュミットのロビー会社へ移籍するのだが・・・。

スポンサードリンク


不思議とパワーが湧いてくる名作!「女神の見えざる手」の感想

冒頭のシーンで、ジェシカ・チャステイが演じる主人公のエリザベス・スローンは、以下の言葉を語ります。

「ロビー活動は予見すること。敵の動きを予測し、対策を考えること。勝者は敵の一歩先を読んで計画し、敵が切り札を使った後、自分の切り札を出す。敵の不意を突くこと。自分が突かれてはいけない。」

この言葉をそのまま表現したかのような、本当に凄い社会派サスペンス映画でした。

各映画サイトの評価を見てみると、Yahoo!映画が4.28点、映画.comは4.2、IMDbは7.5です。日本国内で非常に高い評価を受けていますが、この高評価にも納得の内容でしたね。個人的には、もっと評価が高くても良いと思ってしまうぐらいです。

この「女神の見えざる手」という映画の最大の魅力は、主人公のミス・スローンの強烈過ぎる個性です。

常に敵の1手、2手先を読み、勢力的に仕事を進めていきます。時には同僚や上司に手の内を見せることなく、秘密裏に動くことも。そのような彼女の行動は全て、敵に必ず勝つための戦略だったのです。

またスローンの行動や言動は時に刹那的であり、「なぜそこまでするの!?」と思ってしまいます。でも、彼女にとってはそれが当たり前のことなのです。自分に正直に、真っすぐに生きているからこその行動でした。

そして映画の終盤ではスローンが窮地に立たされるわけですが、ラストの展開は本当にスゴイの一言です。思わず鳥肌が立ちましたし、思わずガッツポーズをしてしまいました。

「キャリアを捨てるぐらいなら、人生を終えた方がマシだわ」といった内容の言葉をラストに放ちますが、本当にその通りの人だと思いましたね。

このような唯一無二の個性的な女性役を務めたジェシカ・チャステインの演技も、実に素晴らしかったと思います。見ていて不思議とパワーが湧いてきました。

ちなみに筆者はこの映画を2回見たのですが、1回目では解からなかった部分も、2回目ではしっかり理解できました。常に一歩先の行動を起こすスローンの心情も読み取ることができて、2回目の鑑賞も十分に楽しめましたね。

近年稀に見る素晴らしい社会派サスペンス映画ですので、まだ見ていない方へ是非お薦めしたいです。あなたの仕事に対する考え方がブラッシュアップされ、もしかすると出世に繋がるかもしれません。

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る

 

女神の見えざる手(映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報関連ページ

マンチェスター・バイ・ザ・シー