ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年の映画)の感想や冒頭のあらすじ

切ないラブストーリー「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

タイトル ぼくは明日、昨日のきみとデートする
製作年/製作国 2016年/日本
劇場公開日(日本) 2016年12月17日
配給 東宝
監督 三木孝浩
原作 七月隆文
キャスト
(出演者)
福士蒼汰、小松菜奈、東出昌大、山田裕貴、清原果耶、大鷹明良、宮崎美子
収録時間 111分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

七月隆文の同名小説を、主演に福士蒼汰と小松菜奈を迎えて実写映画化した、ファンタジックラブストーリー。

通勤電車の中で一目惚れした女性には、誰もが予想しなかった驚きの事実が隠されており・・・。切なさと優しさが交錯するような、とても魅力的な恋愛映画です。

スポンサードリンク


映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の冒頭のあらすじ

南山高寿(福士蒼汰)は、京都の美術大学に通う二十歳の学生。彼はある日、通勤電車の中で見かけた一人の女性に、一目惚れしてしまう。

高寿は声をかけようかどうか迷っていたが、このような機会は二度とないかもしれない。電車を降りたところで、勇気を出して彼女を呼び止めた。

彼女の名前は、福寿愛美(小松菜奈)。別れ際に高寿は「また会える?」と約束を取り付けようとしたが、その言葉を聞いた瞬間、なぜか愛美は泣き出してしまった。

その後再び会う機会に恵まれた2人はすぐに意気投合し、恋人として付き合うことに。2人は幸せな日々を過ごしていくが、ある日、愛美は高寿にとても大きな秘密を打ち明けてしまい・・・。

スポンサードリンク


衝撃的な展開!あの名作映画を思い出させる内容でした

各映画サイトでの評価も高く、「恋は雨上がりのように」で小松菜奈さんの魅力に取りつかれたこともあり、今回この「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を鑑賞してみたのですが、予想以上に驚きのストーリー展開でした。

作品を見る前まではリアルなラブストーリーを思い描いていたものの、フタを開けてみるとファンタジックというか、SF的な要素が強い印象です。

2008年に制作され、米アカデミー賞で3部門を受賞した「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を思い出させるような内容でしたね。

しかしながら感動的な描写も多く、思わず涙が込み上げてしまう場面もちらほらあり・・・。高く評価する人が多いのも、納得の作品です。

さらに、ヒロインを演じた小松菜奈さんもとても魅力的でしたが、「恋は雨上がりのように」とは全く異なるキャラクターでしたね。作品ごとにいろんな魅力を醸し出している彼女の今後の活躍も、とても楽しみです(^^♪

今回、この「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は、ユーネクストで鑑賞しました。

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年の映画)の感想や冒頭のあらすじ関連ページ

女神の見えざる手
マンチェスター・バイ・ザ・シー