2014年のおすすめ映画ランキング

凄い作品が勢揃い!2014年のおすすめ映画ランキング

2014年に製作されたお薦めの映画を、ランキング形式でまとめました。凄い作品が勢揃いしています!まだ見ていない映画がありましたら、お時間のある時に是非ご鑑賞くださいませ(^^♪

第1位 インターステラー

監督:クリストファー・ノーラン、出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、時間:169分

滅亡の危機に瀕した地球を舞台に、人間が住める星を求めて宇宙へ旅立つエンジニア達の物語。SFの要素に加えて家族愛や人間愛も表現した、クリストファー・ノーラン監督の超大作です。ワームホールなどの難しい言葉も出てきますが、ラストの展開が本当に素晴らしいです。

第2位 セッション

監督:デイミアン・チャゼル、出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、時間:107分

名門音楽大の天才ジャズ・ドラマーと、狂気に満ちた厳しいレッスンを課す鬼のような指揮者の姿を描いたヒューマン・ドラマ。楽団やオーケストラの概念を覆してしまうほどの、ものすごい作品でした。ラストは特に素晴らしいです。

第3位 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

監督アンソニー・ルッソ、出演:クリス・エバンス、スカーレット・ヨハンソン、サミュエル・L・ジャクソン、時間:136分

マーベルコミックの代表作のシリーズ第2弾となる作品です。絶対絶命のピンチに追い込まれたキャプテン・アメリカが、凄まじい迫力の戦いを繰り広げます。アクションの迫力は前作を遥かに凌いでおり、本当に見応えがありました。

スポンサードリンク


第4位 オール・ユー・ニード・イズ・キル

時間:113分、監督:ダグ・リーマン、出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント

謎の生命体が侵略してきた近未来の地球を舞台に、死んでは元の場面に戻るという不思議なループを繰り返すという男の戦いを描いたSFアクション映画です。死ぬ度に少しずつ前へ進み、強くなっていく主人公をトム・クルーズが熱演しています。桜坂洋さんのSF小説が原作となっており、実に見事に映画化されています。

第5位 アメリカン・スナイパー

監督:クリント・イーストウッド、出演:ブラッドリー・クーパー、時間:132分

アメリカの海軍で実在した伝説の狙撃手、クリス・カイルの自叙伝を元にして作られた映画。戦場での過酷な作戦や隊員の方々の苦悩が、実にリアルに描かれています。アメリカでは戦争映画において史上最高の興行収入を記録しています。戦争の現状を世に広く伝えてくれる、意義のある作品です。

6位 X−MEN:フューチャー&パスト

監督:ブライアン・シンガー、出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、時間:132分

全世界で大ヒットを連発しているX−MENシリーズの第7弾。ヒュー・ジャックマンを始めとしたハリウッドスターが共演しており、人類とX−MENとの壮絶な戦いが描かれています。とても見応えのあるSFアクション映画です。

過去の映画を見る時にお薦め!U-NEXT↓



7位 ベイマックス

監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ、時間:102分

優しい心を持つ未来型ケアロボットの”ベイマックス”と、天才的なIQを持つ少年との絆や家族愛を描いた、感動のアニメーション映画です。ヒューマン系かと思いきや、アクションも豊富に詰め込まれています。家族揃ってみれる作品ですね。

8位 イコライザー

監督:アントワン・フークワ、出演:デンゼル・ワシントン、クロエ・グレース、時間:131分

ごく平凡に見える中年男が、実はとんでもない男だった!!一人の少女をマフィアから救うために、自らベールを脱いだ凄い男の戦いが強烈に描かれています。デンゼル・ワシントンがとにかくかっこいい、ハード・ボイルド系のアクションドラマですね。

9位 ゴーン・ガール

監督:デイビッド・フィンチャー、出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、時間:149分

妻の失踪事件をきっかけに、とても幸せそうだった夫婦の実情が次々と明らかになるサスペンス映画。妻は生きているのか?一体どこに消えてしまったのか?その衝撃的なラストは、必見です!

10位 ホビット 決戦のゆくえ

監督:ピーター・ジャクソン、出演:マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、時間:145分

ロード・オブ・ザ・リングとは別のもう1つの物語、”ホビット”三部作の完結編です。ビルボ・バギンズ最大の冒険、遂に終止符を打ちます。最後の戦いは、実に壮大なスケールで描かれていました。

11位 猿の惑星:新世紀(ライジング)

監督:マット・リーヴス、出演:アンディ・サーキス、ゲイリー・オールドマン、時間:131分

1968年に公開され、1973年にかけて5作も製作された大ヒット映画のリメイク版です。3部作の2作目となる作品で、人類と猿達との壮絶な戦いの前哨戦を描いています。2011年に公開された「猿の惑星:創世記」よりも格段にスケールがアップしており、見応えのある映画に仕上がっています。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る