2013年のおすすめ映画ランキング

話題作が盛りだくさん!2013年のおすすめ映画ランキング

2013年は大ヒットディズニーアニメ「アナと雪の女王」をはじめとして、様々なジャンルで名作・話題作が登場した年でした。

実話をもとにして作られた「キャプテン・フィリップス」や「ダラス・バイヤーズクラブ」、「それでも夜は明ける」などの話題の洋画もありますし、国内で大ヒットと記録した「永遠の0」や、松田龍平がアカデミー主演男優賞を獲得した「舟を編む」、宮崎駿監督の最後の長編アニメ「風立ちぬ」など、素晴らしい映画が続々と登場した1年でもあります。

以下に「2013年のおすすめ映画ランキング」としてまとめさせて頂きましたが、正直なところどの映画にもそれぞれに魅力があり、甲乙付け難しです。人によってランキングが変わるのも当然だと思います。

もし、まだご覧になっていない映画がございましたら、休日にご覧になる映画選びのご参考にして頂ければ幸いです。

2013年のおすすめ映画ランキング

第1位 アナと雪の女王

監督:クリス・バック、 ジェニファー・リー、時間:102分

日本だけじゃなく世界中で大ヒットし、主題歌の「Let It Go」も大ブームを巻き起こしたディズニーアニメの傑作映画です。エルサとアナの姉妹愛が素敵で、見終わった後は不思議と元気が湧いてきます。ストーリーのテンポも良くて、アナと雪の女王の世界にどんどん引き込んでくれるところも魅力的です。これまでの世界の映画史の中で、興行的にも最もヒットしたアニメ映画です。

第2位 ゼロ・グラビティ

監督:アルフォンソ・キュアロン、出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、時間:91分

スペースシャトルの船外活動中にまさかの事故が発生!宇宙に放り出されてしまったエンジニアのサバイバル劇を描いた映画です。最初から最後までほとんどが宇宙でのシーンであり、登場人物はたったの2人です。地球に帰れるかどうかというとてもシンプルなストーリーですが、映像の見せ方が本当に凄い!SF映画の革命的作品です。

第3位 永遠の0

監督:山崎貴、出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、時間:144分

戦時下で天才的な能力を持つパイロットでありながら、生きることに執着した男・宮部久蔵。この人物がどうして、特攻隊員として亡くなってしまったのか。その謎を孫が探り続けることによって、驚きの事実が明らかとなる感動ドラマです。ラストはもう涙無しには見られません。1度は見ておくべき名作映画です。

スポンサードリンク


第4位 スター・トレック イントゥ・ダークネス

監督:J・J・エイブラムス、出演:クリス・パイン、ベネディクト・カンバーバッチ、時間:132分

J・J・エイブラムス監督によってリメイクされたスター・トレックシリーズの第2弾です。宇宙船の船長となったカークの前に、最悪・最強の敵が出現。宇宙や地球を舞台にして、壮絶過ぎる戦いを繰り広げます。SFアクション映画がお好きな方へ、お薦めの一作です。

第5位 鑑定士と顔のない依頼人

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ、出演:ジェフリー・ラッシュ、時間:131分

初老のオークション鑑定士が、豪邸に住む顔を見せない若き女性の鑑定依頼を受けたことによって巻き起こる話を描いた、サスペンス映画の傑作です。監督は「ニュー・シネマ・パラダイス」などの名作で有名なイタリアのジュゼッペ・トルナトーレ。これ以上ないぐらい奥深い作品に仕上がっています。

6位 キャプテン・フィリップス

監督:ポール・グリーングラス、出演:トム・ハンクス、時間:134分

ソマリア海域で2009年に起こった、貨物船人質事件の実話を描いた映画。主人公のフィリップス船長を、トム・ハンクスが熱演しています。人質となった船長は、無事に解放されるのか。終始緊迫の場面が続く、見応えのある作品です。

7位 アメリカン・ハッスル

監督:デヴィッド・O・ラッセル、出演:クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、時間:138分

アメリカで実際に起こった政治家の賄賂スキャンダル事件を描いたサスペンス映画です。豪華過ぎる程のハリウッドスターが共演しており、それぞれが見事な駆け引きを演じています。果たして、結末はどうなるのか・・。

8位 舟を編む

監督:石井裕也、出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョ−、時間:133分


不器用で真面目だけがとりえの男がある出版会社に入社し、辞書を作る仕事を通して成長していく姿を描いた感動の人間ドラマ。主人公を松田龍平が、ヒロインを宮崎あおいが演じており、主演男優賞をはじめとしてアカデミー賞で6部門を受賞した名作です。

過去の映画を見る時にお薦め!U-NEXT↓



9位 ダラス・バイヤーズクラブ

監督:ジャン=マルク・ヴァレ、出演:マシュー・マコノヒー、時間:117分

1980年代後半のアメリカでHIVを患った男の実話を描いた映画。世間からの偏見の目が激しかった時代で、効果的な治療薬の認可を巡り、製薬会社や政府を相手に戦い続けた男の半生が綴られています。主演を務めたマシュー・マコノヒーは、アカデミー主演男優賞を獲得しました。

10位 ワイルド・スピード EURO MISSION

監督:ジャスティン・リン、出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、時間:130分

カーアクション映画として世界的な大ヒットを連発している「ワイルド・スピード」シリーズの第6弾。アクションシーンが前作よりもスケールアップしており、最初から最後までもう何も考えずに楽しむことができます。

 それでも夜は明ける

監督:スティーヴ・マックイーン、出演者:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、時間:134分

奴隷制度があった1800年代のアメリカを舞台に、12年間にも渡って奴隷として白人の下で働き続けた黒人音楽家の実話を描いた作品です。2014年の米アカデミー賞では、作品賞をはじめとして3部門を受賞しています。

 風立ちぬ

監督:宮崎駿、時間:126分

日本で実在した飛行機設計士の半生を描いたアニメーション映画です。関東大震災や第二次世界大戦下で懸命に行き続けた人達の姿が、リアルかつ感動的に描かれています。宮崎駿監督の最後の長編アニメ映画としても、話題となりました。

本田選手のCMでお馴染み!楽天モバイル↓



 ザ・コール 緊急通報指令室

監督:ブラッド・アンダーソン、出演:ハル・ベリー、アビゲイル・ブレスリン、時間:94分

日本の110番通報に該当するアメリカの「911」の緊急通報司令室を舞台に、誘拐された少女からの1本の通報とその行く末を描いた、衝撃のサスペンス・スリラー映画です。果たして、誘拐された少女を助け出すことができるのか。緊迫感がもう止まりません。

 ローン・サバイバー

監督:ピーター・バーグ、出演:マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、時間:121分

2005年、アフガニスタンの戦場下で絶体絶命のピンチに陥った兵士の実話を描いた映画。アメリカの特殊精鋭部隊である”ネイビー・シールズ”史上、最悪の悲劇だと言われており、生き残りをかけた壮絶な戦いが描かれています。

 ホビット 竜に奪われた王国

監督:ピーター・ジャクソン、出演:マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、オーランド・ブルーム、時間:161分

ロード・オブ・ザ・リングの60年前の世界を舞台に、ビルボ・バギンズの大冒険を描いた3部作シリーズの第2弾です。3作目がかなり気になる展開で終わっているので、続けてレンタルされることをお薦めしたいです。

 アイアンマン3

監督:シェーン・ブラック、出演:ロバート・ダウニー・Jr、グウィネス・パルトロー、時間:130分

マーベルコミックの代表作の1つであり、世界的大ヒットを続けているシリーズ映画の第3弾です。アベンジャーズの戦いから1年後の世界を舞台にしており、今作では絶望的な状況から立ち上がる主人公・トニーの姿が描かれています。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る