映画「秘密 THE TOP SECRET」の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

生田斗真らの人気若手俳優が共演!「秘密 THE TOP SECRET」

タイトル 秘密 THE TOP SECRET
製作年/製作国 2016年/日本
配給 松竹
監督 大友啓史
原作 清水玲子
指定 PG12
出演 生田斗真、岡田将生、吉川晃司、松坂桃李、栗山千明、織田梨沙、リリー・フランキー、椎名桔平、大森南朋
収録時間 149分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星2つ

映画のポイント

清水玲子の同名ミステリーコミックを、「るろうに剣心」などで有名な大友啓史監督が映像化。生田斗真や岡田将生、松坂桃李らの若手人気俳優が共演した、2016年のサスペンス・ミステリー映画です。

死者の脳内記憶を映像化し、犯罪捜査を行う「科学警察研究所 法医第九研究室」は、前代未聞の猟奇的殺人事件を解決できるのか。耳を疑いたくなるような、衝撃的事件が描かれています。

スポンサードリンク


映画「秘密 THE TOP SECRET」の冒頭のあらすじ

警視庁のエリートが集う「科学警察研究所 法医第九研究室」では、革新的な科学的捜査手法が確立されようとしていた。

その方法とは被害者である死者の脳をスキャンし、その記憶を映像化。これをもとに決定的な証拠を掴み、事件を解決させようというものだった。

第九研究室の室長、薪剛(生田斗真)は、この捜査手法に確固たる自信を持ち、現場へ導入させようとしている。

そんな”第九”に新しく配属されたのが、新人捜査官の青木一行(岡田将生)だった。

薪と青木は実用化に向けたミッションとして、既に死刑が確定された一家惨殺事件の殺人犯の脳内をスキャンすることに。しかし、それは開けてはならないパンドラの箱だった。

脳内をスキャンしたことによって新たな容疑者の存在が明らかになり、事件の謎がより一層深まってしまう。

室長の薪は死刑囚が本当の犯人ではないことを上層部に掛け合うが、一度確定された死刑は取り消すことはできない。やがて第九研究室は警察組織にとって厄介な存在とされてしまう・・・。

スポンサードリンク


話の内容も、ラストもちょっと残念。「秘密 THE TOP SECRET」の感想

生田斗真や岡田将生、松坂桃李らの若手俳優が共演し、大森南朋やリリー・フランキー、椎名桔平らの実力派俳優も脇を固めているとのことで期待して見たのですが、話の内容がちょっと酷いというか、残酷過ぎましたね。

目を疑いたくなるような内容の事件だけに、”最後はどんな感じで着地してくれるのか”が大切になってくると思います。しかしそのそのラストも、いまいちパっとしない感じで終わっているように思えました。

メッセージは何となく伝わってきましたが、何とも共感できないというか、付いていけない感じになってしまい・・。

ストーリーや演出、映画の雰囲気など、全てがシリアス過ぎたかな〜というのが正直な感想です。原作が難しい内容だと、映画化するのもかなり困難なのかもしれません。

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る