ウォッチメン(2009年の映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

DCコミックスの人気漫画を映画化!ウォッチメン

タイトル ウォッチメン
原題 Watchmen
製作年/製作国 2009年/アメリカ
配給 パラマウント
監督 ザック・スナイダー
原作 デイブ・ギボンズ、アラン・ムーア
キャスト
(出演者)
マリン・アッカーマン、ビリー・クラダップ、ジャッキー・アール・ヘイリー、パトリック・ウィルソン、マシュー・グード、ジェフリー・ディーン・モーガン、カーラ・グギーノ
収録時間 163分
指定 R15+
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

1986年〜1987年にかけてDCコミックスで出版されていた人気コミックを、300(スリーハンドレッド)やマン・オブ・スティールなどを手掛けるザック・スナイダー監督が映画化。

アメリカ史の陰に暗躍してきた監視者”ウォッチメン”。彼らの戦いや確執、そして運命が、驚愕のビジュアルで映像化されています。

SFやアクションの要素も大きい、見応えのあるミステリー・サスペンス映画です。

スポンサードリンク


映画「ウォッチメン」の冒頭のあらすじ

1930年代、アメリカではマスクとコスチュームを身にまとい、素性を隠して犯罪者と戦う人々が集結。やがて彼らは「ミニッツメン」という組織を結成し、政治や第二次世界大戦にまで関与するようになる。

しかし、メンバー達は時の流れと共に戦闘で命を落としたり、精神が病んでしまったり、自ら引退するなどして、ミニッツメンはやがて自然に崩壊していく。

それから数十年後。ミニッツメンの第2世代となるスーパーヒーロー達が集結。彼らは「ウォッチメン」を結成し、数々の犯罪を圧倒的な強さで鎮圧していった。

アメリカ政府はウォッチメンに目を付け、水面下で彼らを利用する。そしてウォーターゲート事件、ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺など、ウォッチメンは様々な歴史的事件に関与していく。

ベトナム戦争での勝利も、全身が青色をした超能力の持ち主、Dr.マンハッタン(ビリー・クラダップ)や、コメディアン(ジェフリー・ディーン・モーガン)など、ウォッチメンの活躍も大きく影響していた。

しかしアメリカではその後、ウォッチメンのような自警団に反発する感情が爆発。やがてニクソン大統領は、覆面姿での自警行為を禁ずる条例を制定し、ウォッチメンの活動は非合法化されてしまった。

そして1985年10月のある日の夜。アメリカ政府の諜報員となったコメディアンが、何者かに殺害される事件が発生。ウォッチメンとして暗躍していたロールシャッハ(ジャッキー・アール・ヘイリー)は、事件の真相を探り始めるのだが・・・。

スポンサードリンク


犯人は誰!?SFミステリー映画「ウォッチメン」の感想

DCコミックスを映画化した作品ということで興味を持ち、2017年9月に初めて観賞してみました。

映画は派手なSFアクション映画と思いきや、ミステリーやサスペンスの要素の方が強かったです。かつてはミニッツメンのメンバーであり、やがて政府の諜報機関で働き始めたコメディアンは、誰に、どうして殺されてしまったのか。

その謎を巡り、様々な出来事や人間模様が交錯していきます。

このウォッチメンの魅力は、登場するメンバーが必ずしもスーパーヒーローではないことです。それぞれに闇や悩みを抱えており、葛藤しながら生きています。

そしてDr.マンハッタンのような超人的な能力の持ち主も登場し、今まで見たことが無いようなSFミステリー映画になっていました。

少し解りにくい部分もあり、賛否も分かれているようですが、ダークナイトデッドプールなどがお好きな方でしたら、きっと楽しめる映画だと思います。

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る