アン・ハサウェイの出演映画 おすすめランキング

世界中で人気!アン・ハサウェイ出演映画のおすすめランキング

2001年のプリティ・プリンセスで映画デビューを果たし、その後ずっとハリウッド映画の第一線で活躍しているアン・ハサウェイ。大きな瞳と爽やかな笑顔、そして抜群のプロポーションを持つ彼女は、今や全世界にファンを持つ大スターになりました。

本名はアン・ジャクリーン・ハサウェイで、1982年11月12日生まれ。アメリカのニューヨーク出身で、身長は173cmもあります。プライベートでは2011年11月に、俳優のアダム・シュルマンとの婚約を発表されています。まだまだ若い女優さんだけに、今後の出演作も楽しみでなりませんね。

以下に、アン・ハサウェイのこれまでの出演映画を、おすすめ順にランキング形式でまとめました。ご参考にして頂ければ幸いです。

第1位

プラダを着た悪魔
プラダを着た悪魔 アン・ハサウェイの魅力が満載の作品と言えば、間違いなくこの「プラダを着た悪魔」だと思います。主人公のアンディは一流のファッション雑誌の編集部に入社し、悪魔のような厳格な上司と出会ったことをきっかけにして、見違えるほど素敵な大人の女性へと変身していきます。特に女性からの人気と評価が高い映画で、働く女性のバイブル的な存在感もあります。

詳細
製作年 上映時間 評価
2006年 110分 星5つ

第2位

レ・ミゼラブル
レ・ミゼラブル 第85回米アカデミー賞で、アン・ハサウェイが初めて助演女優賞を獲得した映画です。ミュージカルとしてはアメリカやイギリスでとても有名な作品であり、この映画でも台詞がミュージカルで綴られているシーンが多々あります。アン・ハサウェイは髪を坊主にされてしまうシーンがあり、その熱演ぶりは本当に素晴らしかったです。

詳細
製作年 上映時間 評価
2012年 158分 星4つ

第3位

ダークナイト ライジング
ダークナイト ライジング バッドマン史上最大のヒットとなった作品で、ダークナイト3部作の完結作となる映画です。主人公のブルース・ウェイン役はクリスチャン・ベイルが、そして重要な役割を果たすキャットウーマン役としてアン・ハサウェイが出演しています。スパイとして一流の腕を持つこの女性は、最高にクール。これまでの恋愛映画などでは見れなかったカッコいいアン・ハサウェイが見れると思います。

詳細
製作年 上映時間 評価
2012年 165分 星5つ

第4位

インターステラー
2014年末に公開された、クリストファー・ノーラン監督初の宇宙映画です。滅亡が避けられなくなった地球を舞台に、人類が生き残るための新たな星を探す姿が描かれています。主演はマシュー・マコノヒーで、アン・ハサウェイは彼と同じ宇宙船に乗り込む宇宙飛行士役として登場しています。宇宙への冒険だけでなく、父と娘の親子愛も描いたSF映画の傑作です。

詳細
製作年 上映時間 評価
2014年 169分 星5つ

第5位

ゲット スマート
ゲット スマート スティーヴ・カレル主演のアクションコメディ映画です。アメリカのスパイ機関で分析官として働く主人公と、タッグを組む凄腕エージェント役としてアン・ハサウェイが登場してます。迫力あるアクションシーンの中にも、所々笑える場面が散りばめられており、なかなかお薦めの映画です。

詳細
製作年 上映時間 評価
2008年 110分 星5つ

スポンサードリンク


 ワン・デイ 23年のラブストーリー
23年間に渡って7月15日という1日だけを切り取り、2人の恋路を描いた壮大なスケールのラブ・ストーリー映画です。大学時代に知り合った2人がどのように成長し、関係がどうなっていくのか。アン・ハサウェイのお相手役は、イギリス出身のジム・スタージェスが務めています。

 ジェイン・オースティン 秘められた恋
階級社会が一般的だった1795年のイギリスを舞台に、貧しい生活を強いられていたオースティン家の娘と、法律を学ぶアイルランド人の恋の行方を描いた物語です。主人公のジェインは、家族のために地元の名士の所に嫁ぐのか。それとも将来が約束されていない法学生を選ぶのか。ラストの展開は必見です。

 ラブ&ドラッグ
パーキンソン病を患いながらも自分らしく生きようとする女性と、根は真面目ながら遊び人になってしまった青年の恋路を描いたラブストーリー映画です。アン・ハサウェイは体当たりで役を演じており、バストトップありのヌードシーンもちらほら出てきます。

 パッセンジャーズ
アン・ハサウェイが、飛行機墜落事故で心に傷を抱えた人達を救うセラピスト役として登場するサスペンス映画です。98分という比較的短い時間の映画ですが、ラストは驚きの展開が待ち受けています。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る