ワン・デイ 23年のラブストーリー 感想や出演者情報 映画ランキング

アン・ハサウェイ主演「ワン・デイ 23年のラブストーリー」

タイトル ワン・デイ 23年のラブストーリー
原題 ONE DAY
製作年/製作国 2011年/アメリカ
監督 ロネ・シェルフィグ
原作 デヴィッド・ニコルズ
出演 アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス、パトリシア クラークソン、ケン・ストット、ロモーラ・ガライ、レイフ・スポール、アマンダ・フェアバンク=ハインズ、ジョージア・キング
収録時間 107分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

7月15日という1日だけを毎年切り取り、23年にも渡る1組の男女の恋愛の軌跡を描いた、壮大なラブ・ストーリー。

ヨーロッパでベストセラーとなった同名小説を、アン・ハサウェイとジム・スタージェスを主演に迎えて映画化されております。

冒頭のあらすじ

1988年7月15日の大学の卒業式。自由奔放な生き方をしているデクスター(ジム・スタージェス)と、真面目な学生だったエマ(アン・ハサウェイ)はこの日初めて言葉を交わした。

意気投合した2人は彼女の部屋で一緒に過ごすが、一線は越えなかった。恋愛になると必ず別れが来ると思っていたエマに対して、デクスターは一生友達のままでいようと諭したのだ。そしてエマは、彼への恋心を隠しつつ、友人関係を続けていく。

1989年7月15日、エマはロンドンで暮らし始め、レストランでアルバイトを行っていた。そしてやがて、教師の道を進むことになる。

一方、デクスターはパリの生活を満喫し、テレビの深夜番組の司会者として知名度をどんどん高めていくのだが・・・。

スポンサードリンク



「ワン・デイ 23年のラブストーリー」を見た感想

お互いに惹かれ合いながれも、友達として歩んでいくことを選んだエマとデクスター。そんな2人行く末を7月15日だけ切り取って見ていくということで、とても深みのあるラブ・ストーリーになっていました。

特に、終盤はお互いに成熟した年齢になっています。それまで色んなことを経験してきた2人だけに、見ていてとても感慨深いものがありましたね。

ジム・スタージェスが演じたデクスターや最初はちょっとチャラい感じがして、見ていてイラっとする場面もありましたが、終盤は少し変わってきます。

アン・ハサウェイ演じるエマはとても誠実で純粋な女性なのですが、最後にあんな結末が待っているとは、全く想像していませんでした。

ハリウッドには色々なラブストーリーの映画がありますが、なかなか無いタイプの作品だと思います。恋愛に対しての価値観を考えさせてくれる一作かもしれません。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る