ライアン・ゴズリング出演映画のおすすめランキング

個性派俳優!ライアン・ゴズリング出演のおすすめ映画ランキング

ライアン・ゴズリングは、1980年11月12日生まれのカナダ出身の俳優です。カナダでは子役として活躍しており、1997年からはロサンゼルスに移り、「The Believer」という作品で映画初主演を果たしました。その後、2004年の「きみに読む物語」が大ヒットし、ハリウッドスターとして大きな注目を集めるようになりました。

ライアン・ゴズリングはクールな人柄とは裏腹に、徹底した役作りをする情熱的な俳優としても有名です。出演作を見てみると、本当にいろんな種類の役に挑戦されていますね。
以下に、そんなライアン・ゴズリングのおすすめ映画をランキング形式でまとめました。ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

第1位

きみに読む物語
きみに読む物語 運命的な出会いを経て、激しく燃え上がる恋愛と愛する人への想いを描いた、ラブストーリーの名作映画です。二人が出会った1940年代を中心にして、過酷な時代背景に翻弄された2人の物語が感動的に描かれています。主演はライアン・ゴズリングとレイチェル・マクアダムズ。今やハリウッドを代表する存在となった2人の共演も必見ですね。

詳細
製作年 上映時間 評価
2004年 123分 星5つ

第2位

ラブ・アゲイン
ラブ・アゲイン 妻から離婚を言い渡されてしまった冴えない中年男が、イケメンプレイボーイの指導によって大変身!笑いあり、感動ありの、ハートフルラブストーリーです。主演の中年男役はコメディでお馴染みのスティーヴ・カレルで、ライアン・ゴズリングはプレイボーイ役で出演しています。フェロモンむんむんのライアン役は、誰が見てもかっこいいと思います。エマ・ストーンやジュリアン・ムーアも出演しています。

詳細
製作年 上映時間 評価
2011年 118分 星5つ

第3位

ラースと、その彼女
ラースと、その彼女 人付き合いが苦手な心優しき青年が、ふとしたきっかけでリアルな人形を購入。そして、その人形を彼女として迎え、家族や周囲に紹介していくという前代未聞のストーリーです。コメディ映画の要素を持ちながらも、中身は心温まる感動のヒューマンストーリーでした。ライアン・ゴズリングはこの主人公を演じるために、役作りとして人形と一緒に暮らしたそうです。

詳細
製作年 上映時間 評価
2007年 106分 星5つ

第4位

ブルーバレンタイン
ブルーバレンタイン 結婚7年目を迎えたある夫婦について、出会いから現在に至るまでを過去のシーンを織り交ぜながら描いたラブ・ストーリー。出会い、熱愛、結婚、喧嘩、破綻など、2人の間に起こった出来事をとてもリアルに描いている作品です。ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズが夫婦役を演じており、ライアン演じる不器用な夫・ディーンを見ていると、ちょっと切なくなってしまいます。夫婦の実情をリアルに描いた、滅多にない名作だと思います。

詳細
製作年 上映時間 評価
2010年 112分 星4つ

第5位

スーパー・チューズデー 正義を売った日
スーパー・チューズデー 正義を売った日 米大統領選挙に挑む選挙参謀を主人公に、敵対する陣営との駆け引きや周囲には絶対に言えない内部事情などがスリリングに描かれています。ジョージ・クルーニーが監督を務め、米大統領候補役を演じています。そして主演はもちろん、ライアン・ゴズリングです。若くして選挙参謀の地位まで上り詰めた男の苦悩を、見事に演じていました。

詳細
製作年 上映時間 評価
2011年 101分 星4つ

スポンサードリンク



 プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
仲間と共に銀行強盗を繰り返し行っていたバイクレーサーと、彼に追い詰めた若き警官との宿命を描いた、骨太の人生ドラマです。ライアン・ゴズリングはバイクレーサー役を演じており、ブラッドリー・クーパーが警官役を務めています。一見正反対のように思える2人の人生が、思わぬところで交錯していきます。

 L.A.ギャングストーリー
1940年代に実在したアメリカのギャング”ミッキー・コーエン”と、ロサンゼルス市警との壮絶な戦いを描いた、実話を基にして作られた映画です。当時最強といわれたギャング集団に対して、市警が選りすぐりのチームを組んで戦いに挑みます。 ライアン・ゴズリングはキーマンとなる巡査部長役で登場します。

 オンリー・ゴッド
タイのバンコクでボクシングジムを経営しながら、裏社会のビジネスも行っている主人公のジュリアン(ライアン・ゴズリング)。兄が殺されたことをきっかけにして復讐を企てるも、想像以上の強敵が立ちはだかり・・・。ドライヴに続くライアン・ゴズリング主演×ニコラス・ウィンディング・レフン監督の作品ですが、想像以上に重い作品でした。ライアン・ゴズリングのファンの方でも、見ない方が良いかもしれません。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る