ジェイン・オースティン 秘められた恋 感想や出演者 映画ランキング

アン・ハサウェイ主演「ジェイン・オースティン 秘められた恋」

タイトル ジェイン・オースティン 秘められた恋
原題 BECOMING JANE
製作年/製作国 2007年/イギリス
監督 ジュリアン・ジャロルド
出演 アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ、ジュリー・ウォルターズ、ジェームズ・クロムウェル、マギー・スミス、ルーシー・コウ、イアン・リチャードソン
収録時間 120分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星3つ

映画のポイント

「プライドと偏見」などの代表作で知られる英国の女流作家、ジェイン・オースティン。彼女の唯一とも言えるラブ・ロマンスを描いた作品で、アン・ハサウェイがジェイン・オースティン役を熱演しています。

冒頭のあらすじ

階級社会が成り立っていた1795年のイギリス。この時代は、結婚の際に最も重要視されるのが、相手の地位や財産だった。貧しい家の娘が貴族などの豊富な財産の家に嫁ぐことは、一家を救うのと同じことだった。

ハンプシャーに暮らすオースティン一家は、人並みの生活を送っていたものの、家計は常に苦しい状態。そこで両親は、下の娘のジェイン(アン・ハサウェイ)を、地元の名士であるレディ・グレシャムの甥、ウィスリー(ローレンス・フォックス)の嫁にするべく、画策していた。

幸いな事に、ウィスリーはジェインのことを好いており、ジェイン次第でいつでも結婚できる状態。しかし、ジェインはウィスリーに興味は無く、結婚は財産や資産を超えたところに価値がある、つまり愛のために結婚したいと考えていた。

そんな時、ジェインは法律を学ぶアイルランド人の学生、トム・ルフロイ(ジェームズ・マカヴォイ)と出会う・・・。

スポンサードリンク



「ジェイン・オースティン 秘められた恋」を見た感想

「プライドと偏見」や「分別と多感」などの作品で有名な女流作家、ジェイン・オースティンの実話を元にした映画とのことでしたが、正直な感想としては、かなり切なかったですね。

お互いの家族関係や立場、財産問題が色々と絡み合っていて、最後があんな結末になるとは予想していませんでした。

しかも、ジェイン・オースティンはこの恋愛の後も生涯独身を貫いたというのですから、やはり悲しいものがあると思います。

人々における貧富の差は今もありますが、今の時代はこの時代と比べれば本当に自由です。もし、この2人が今の時代に生まれていたのなら、きっとハッピーエンドになっていたことでしょう。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る