ラブ・アゲイン 出演者や感想、冒頭のあらすじ

色んな面白さが詰まった名作!「ラブ・アゲイン」

タイトル ラブ・アゲイン
原題 Crazy, Stupid, Love.
製作年/製作国 2011年/アメリカ
監督 グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
脚本 ダン・フォーゲルマン
出演 スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング、ジュリアン・ムーア、エマ・ストーン、マリサ・トメイ、ケビン・ベーコン、ジョナ・ボボ、アナリー・ティプトン、ジョン・キャロル・リンチ
収録時間 118分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

妻から離婚を言い渡された中年男が、イケメンプレイボーイのアドバイスを受けて大変身!彼は果たして、妻の気持ちを取り戻すことができるのか・・。

主人公はスティーブ・カレルで、妻役はジュリアン・ムーア。イケメンの遊び人役をライアン・ゴズリングが好演しています。笑いあり、涙ありの素晴らしいラブコメディです。

冒頭のあらすじ

40代の中年男、キャル・ウィーバー(スティーブ・カレル)は、レストランで夕食を食べている時に、妻のエミリー(ジュリアン・ムーア)から突然離婚を言い渡される。

高校時代から付き合っていたキャルとエミリーは可愛い子供達もおり、幸せな生活を送っているように思えた。しかし、夫婦の関係はいつの間にか冷め切ってしまい、妻が外で好きな人を作ってしまったというのだ。

やがてキャルは家を出て、アパート暮らしに。寂しさを埋めるために毎晩のようにバーに通うも、中年男は若い女の子に全く相手にされなかった。

そんなある日、キャルはバーにてイケメンの遊び人・ジェイコブ・パーマー(ライアン・ゴズリング)と出会う。毎日一人寂しく飲んだ暮れているキャルの姿を見かねて、ジェイコブは声をかけたのだ。

後日、ショッピング街で待ち合わせた2人は、まずはキャルの身だしなみを直していく。ダサいスポーツシューズは止めにし、上から下までイケてる服装に大変身。そして2人はバーに繰り出し、キャルはジェイコブの手ほどきを受けて、積極的に女性に声をかけていった。

始めは悪戦苦闘しながらも、ある一頃をきっかけにして1人の女性を口説くことに成功。その後も次々とナンパを成功させていくのだが・・・。

スポンサードリンク



「ラブ・アゲイン」を見た感想

終盤は本当にびっくりのストーリー展開になっていて、本当におもしろかったですね。

コメディが上手いスティーブ・カレルだけに、笑える場面が随所に散りばめられていましたし、時には切なくさせてくれたり、最後には大きな感動を与えてくれたりと、色んな素晴らしい要素が詰まっている映画だと思います。

そして、最も魅力的だったのはプレイボーイ役を演じていたライアン・ゴズリングです。本当にバーで口説いているんじゃないの?と思ってしまうぐらい、プレイボーイ役が似合っていました。声も渋い感じで出していて、本当に素晴らしい俳優さんだと思います。

さらに、ジュリアン・ムーア、エマ・ストーン、ケビン・ベーコンなどの有名俳優も脇を固めている他、思春期の息子の恋も描かれており、こちらも上手い具合に話に絡んできます。

ラブストーリーがお好きな方はもちろんのこと、コメディ系やドラマ系が好きな方にも、超おすすめの映画です。まだご覧になっていない方は、この機会に是非ご覧くださいませ♪


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る