シックス・センス 感想や出演者、冒頭のあらすじ 映画ランキング

サスペンス・ホラーの名作!「シックス・センス」

タイトル シックス・センス
原題 THE SIXTH SENSE
製作年/製作国 1999年/アメリカ
監督 M.ナイト・シャマラン
出演 ブルース・ウィリス、ハーレイ・ジョエル・オスメント、トニ・コレット、オリビア・ウィリアムズ、トレバ・モーガン、ドニー・ウォルバーグ、ミーシャ・バートン
収録時間 107分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

ブルース・ウィリス主演の異色のサスペンス・ホラー映画。誰にも言えない秘密を抱えた少年と出会ったマルコムが、衝撃的な事実を目の当たりにしていきます。

冒頭のあらすじ

小児精神科医の第一人者として、数々の実績を残してきたマルコム(ブルース・ウィリス)。彼はある晩、妻と一緒に自宅で過ごしている時に、何者かが不法に侵入したことに気付く。

恐る恐る侵入者の元へ近づいたところ、その男はマルコムが10年前に治療した患者のヴィンセントだった。ヴィンセントは泣きながら言葉を放ち、マルコムに向かって発砲。自らにも引き金を引き、自殺してしまった。マルコムは腹部に銃撃を受け、生死を彷徨うことになる・・。

それから半年後。マルコムはフィラデルフィアで妻と一緒に生活していた。事件以降、妻との関係はいつのまにか疎遠になり、言葉を交わさないまま生活する日々が続いている。

精神科医としての仕事を再開していたマルコムはある日、心を閉ざしてしまった8歳の少年、コール(ハーレイ・ジョエル・オスメント)に出会った。

コールは人には言えない秘密を抱えており、マルコムにすらその答えを教えてくれなかった。しかし、マルコムは一緒に行動するうちに、コールが持っている特殊な能力を目の当たりにしていく・・・。

スポンサードリンク



「シックス・センス」を見た感想

これぞサスペンス・ホラーの醍醐味!を言えるぐらい、最後は驚きの展開が待ち受けている映画でした。非常に面白かったです。

前半はとても静かな雰囲気で物語が進んでいき、途中から少年に隠された”第6感”の秘密が明らかになっていきます。その後は少しずつ恐ろしいシーンが増えていき、そして最後は・・・・。

序盤が静かな雰囲気である分、中盤からの恐いシーンが際立ってきますね。見る人をゾクゾクさせるようなカメラワークもあり、画面に釘づけにされるシーンも多々ありました。

そして、このシックス・センスの素晴らしいところは、家族ドラマもしっかりと描かれているところです。ラストの少年と母親のシーンは、自然に涙が溢れてきました。

滅多に出会うことが出来ないような、サスペンスホラー映画の傑作だと思います。まだご覧になっていない方は、決してネタばれを呼んだりせずに、ご覧になることをお薦めします。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る