ヘンゼル&グレーテル 感想や出演者、冒頭のあらすじ 映画ランキング

爽快なアクションが満載!「ヘンゼル&グレーテル」

原題 Hansel and Gretel:Witch Hunters
製作年/製作国 2013年/アメリカ
監督 トミー・ウィルコラ
出演 ジェレミー・レナー、ジェマ・アータートン、ファムケ・ヤンセン、ピヒラ・ヴィータラ、ピーター・ストーメア、ヨアンナ・クーリグ、トーマス・マン、ビェルン・スンクェスト
収録時間 88分
レイティング R-15
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

冒頭のあらすじ

まだ幼いころは、両親と一緒に幸せな生活を送っていたヘンゼルとグレーテル。二人は兄妹で、いつも一緒にいる幸せ仲良しだった。

しかし、ある日事件が発生し、父親に外へ連れ出され、しばらく隠れているようにと言われた。

いつまで経っても戻ってこない父親を心配し、二人は両親を助けに行くことに。森の中をさまようも、やっとカラフルなお菓子のようなもので作られた家に辿りついた。

戸を開けてみると、中には魔女が・・・!魔女の攻撃をかわしながらも、二人の力を合わせてかろうじて魔女を退治することができた。

それからだいぶ年月が経過し、ヘンゼル(ジェレミー・レナー)とグレーテル(ジェマ・アータートン)は凄腕の魔女狩りとして、賞金を稼いで暮らすようになっていた。

ある街の市長から魔女ハンターとして雇われた2人は、早速魔女狩りの計画を練るのだが・・・。

スポンサードリンク



「ヘンゼル&グレーテル」を見た感想

ヘンゼル&グレーテルを独自にアレンジした作品なのですが、想像以上に面白かったですね。特に、ヘンゼルとグレーテルが魔女や敵と戦うシーンは格好良かったですね。なんとも言えない爽快感がありました。

「この時代にそんなすごい武器があるの?」と思わせるシーンや、二人のタフガイぶりも良かったです。

ちなみにR−15指定なので、ちょっとグロイシーンもあります。映画の時間はわずか88分。ストーリーのテンポも良くあっという間の1時間半でした。

アメリカでの興行収入はそこそこだったのですが、世界的に見ると制作費の4倍ぐらいの興行収入を獲得するぐらの大ヒットになり、続編の製作も決定しているようです。

ヘンゼル&グレーテル、そしてその仲間達がこの次はどんな戦いを繰り広げるのか、とても楽しみです。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る