ファイナル・デスティネーション 映画の感想や出演者、冒頭のあらすじ

過酷な運命の連鎖!「ファイナル・デスティネーション」

タイトル ファイナル・デスティネーション
原題 Final Destination
製作年/製作国 2000年/アメリカ
監督 ジェームズ・ウォン
脚本 グレン・モーガン
出演 デヴォン・サワ、アリ・ラーター、カー・スミス、アマンダ・デッドマー、チャド・E・ドネラー、ダニエル・ローバック、トニー・トッド、ショーン・ウィリアム・スコット
収録時間 98分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星3つ

映画のポイント

飛行機事故を予知した高校生が、逃れられない死の運命と戦う姿を描いたホラー・サスペンス映画。2000年公開のアメリカ映画でヒット収め、続編も次々と製作されています。

冒頭のあらすじ

パリへの修学旅行に向かうため、友人と飛行機に乗り込んだアレックス(デヴォン・サワ)。

しかし、搭乗直後に飛び立った飛行機が大爆発するという夢を見たアレックスはパニック状態に陥り、飛行機を降ろされてしまう。さらに、巻き添えくってしまった数人の同級生、そして1人の教師も飛行機から降りる羽目に。

そして次の瞬間、問題なく飛び立ったと思われた飛行機が爆発。アレックスの夢が現実のものとなってしまう。

7人は運良く生き残ったかのように思われたが、彼らにも再び死の恐怖が訪れようとしていた・・・。

スポンサードリンク



「ファイナル・デスティネーション」を見た感想

前情報無しで見たのですが、なかなかスリリングなホラー・サスペンス映画でした。

飛行機墜落という絶望的な死から逃れた7人に対して、否応なしに訪れてくる死の恐怖。どうにかできないもんかな〜と思って見ていましたが、恐怖感を煽ってくる演出は見事だったと思います。

このファイナル・デスティネーションは2000年にヒットを記録しており、2003年にファイナル・デスティネーション2(邦題:デッドコースター)、2006年にファイナル・デスティネーション3(邦題:ファイナル・デッドコースター)とコンスタントに続編を出しています。

サスペンス系のホラー映画がお好きな方には、おすすめの映画だと思います。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る