ジョン・ウィック:チャプター2(映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

キアヌ主演の第2弾!ジョン・ウィック:チャプター2

タイトル ジョン・ウィック:チャプター2
原題 John Wick:Chapter2
製作年/製作国 2017年/アメリカ
配給 ポニーキャニオン
監督 チャド・スタエルスキ
指定 R15+
キャスト
(出演者)
キアヌ・リーブス、リッカルド・スカマルチョ、ルビー・ローズ、ジョン・レグイザモ、コモン、ピーター・ストーメア、ローレンス・フィッシュバーン、フランコ・ネロ
収録時間 122分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星3つ

映画のポイント

キアヌ・リーブスが伝説の殺し屋を演じ、世界的にヒットしたアクション映画「ジョン・ウィック」のシリーズ第2弾となる映画。

堅気の世界で生きると決めた主人公のジョンだったが、またもや裏社会の仕事を引き受けることに。前作を上回る壮絶な戦いが繰り広げられます。

スポンサードリンク


映画「ジョン・ウィック:チャプター2」の冒頭のあらすじ

妻を病気で失い、たった一つの心の支えだった愛犬を殺されたジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)。

そんな彼が仕掛けた前代未聞の復讐劇から5日後、ジョンは盗まれた愛車のフォード・マスタングを取り戻すべく、ある自動車工場へと乗り込んだ。

その工場は、ロシアンマフィアのボスであるアブラム・タラソフが経営している。ジョンはアブラムと対面し、和解を要請。アブラムはこれを受け入れ、ジョンは帰路についた。

それから数日後、ジョンの自宅に、イタリアン・マフィアのサンティーノ(リッカルド・スカマルチョ)が訪れる。サンティーノの目的は、姉の殺害をジョンに依頼することだった。

既に裏稼業から足を洗おうとしていたジョンは、頑なにこれを拒否。するとサンティーノは、バズーカを持ち出してジョンの家を破壊してしまう。

家を失ったジョンは、止むを得ずサンティーノの依頼を受けることになるのだが・・・。

スポンサードリンク


映画「ジョン・ウィック:チャプター2」の感想

前作にも増してアクションシーンがパワーアップしており、あっという間の122分でした。

R指定(R15+)の映画であり、裏社会の事を全開にして作っている映画です。

このため現実的に考えてしまうと、どうしても付いていけない部分が多々ありましたが、それでも孤高の殺し屋の宿命をとても切なく、そしてクールに描いていましたね。

キアヌ演じる主人公のジョン・ウィックが次々と敵を倒していくシーンは、もうゲーム感覚です。

また、とにかく街中が危険人物だらけで、浮浪者や駅員、ストリートミュージシャンまでも殺し屋に扮しています。

絶体絶命な感じが半端じゃなく、キアヌも中盤以降はズタボロ状態でした。そして驚いたことに、映画の終盤では更なる危機的な状況へと追い込まれていきます。

ある意味、非常にストイックな映画だと思いました。

そしてこの「ジョン・ウィック:チャプター2」は続編の制作も決定しており、2019年5月17日に全米公開される予定となっています。

今作でメガホンを取ったチャド・スタエルスキが第3作目でも監督を務めるとのことで、一体どのような展開を見せてくれるのか、乞うご期待ですね。

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る