マイティ・ソー バトルロイヤル(映画)の感想や冒頭のあらすじ

シリーズ第3弾!「マイティ・ソー バトルロイヤル」

タイトル マイティ・ソー バトルロイヤル
原題 Thor:Ragnarok
製作年/製作国 2017年/アメリカ
配給 ディズニー
監督 タイカ・ワイティティ
キャスト
(出演者)
クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、トム・ヒドルストン、ケイト・ブランシェット、テッサ・トンプソン、アンソニー・ホプキンス、カール・アーバン、浅野忠信、ベネディクト・カンバーバッチ、マット・デイモン
収録時間 131分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

マーベルコミックを代表するヒーローの1人”マイティ・ソー”の戦いを描いた、シリーズ第3作目となる映画。マーベルコミックの実写映画としては17作品目にあたり、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」から2年後の世界が描かれています。

今作では「マイティ・ソー」シリーズで史上最強の敵という呼び声が高い、ケイト・ブランシェット演じる”ヘラ”が登場。

果たして、ソーは故郷の星であるアスガルドを救えるのか・・・。前代未聞の壮絶な戦いが繰り広げられます。

スポンサードリンク


映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」の冒頭のあらすじ

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の壮絶な戦いから2年後。ソー(クリス・ヘムズワース)は地球を離れ、独自にインフィニティ・ストーンに関する調査を行っていた。

その途中でソーは、アスガルドを滅ぼそうとする炎の巨人・スルトに囚われてしまうが、これをすぐに撃退。スルトの冠を手にし、アスガルドに帰郷した。

しかし、ブフレストの番人はお調子者のスカージ(カール・アーバン)に代わっており、街にはロキ(トム・ヒドルストン)の銅像が建てられていた。

また王であるオーディン(アンソニー・ホプキンス)は、民と共に芝居を見物している始末。明らかにおかしいと感じたソーは、ロキがオーディンに成りすましていることを暴いた。

ソーはロキに、父親であるオーディンの場所を訊ねる。そしてオーディンが住んでいるニューヨークの老人ホームに向かったが、そこには建物が無い。

足元に落ちていた名刺の住所を訪ねてみると、そこではドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)が待ち構えていた。

オーディンの場所を知るストレンジは、ワームホールを作って、ソーとロキをオーディンのもとへと移動させる。そこで久しぶりに父親と再会したソーは、彼から驚きの事実を告げられてしまい・・・。

スポンサードリンク


コミカル度がアップ!「マイティ・ソー バトルロイヤル」の感想

マイティ・ソーの桁外れなSFアクションにコミカルなシーンもたくさん詰め込まれている、とても魅力的な映画でした。

最凶の敵・ヘラに立ち向かうというしっかりとしたストーリーを根底に置き、思わずくすっと笑えてしまう場面が随所に散りばめられています。最初から最後まで、飽きることなく120%楽しませてもらえましたね。

また、今作では地球が舞台となるのがほんの一瞬です。ほとんどがSF感漂う宇宙の星が舞台となっており、テイストとしては「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に近いものがあると思います。

そして今作では、マーベルシリーズでもお馴染みの剛腕の持ち主、ハルクも主要キャストとして登場します。さらに、1作目では敵対した弟のロキも仲間として加わり、終盤の戦いは実に見応えがありました。

エンドロールの直前には、2018年4月27日公開の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」へと続くことも公表しており、今後の展開が益々楽しみですね(^^♪

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る