ウィンド・リバー(2017年の映画)の感想や冒頭のあらすじ

エリザベス・オルセン主演のサスペンス映画「ウィンド・リバー」

タイトル ウィンド・リバー
原題 Wind River
製作年/製作国 2017年/アメリカ
配給 KADOKAWA
監督 テイラー・シェリダン
キャスト
(出演者)
ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、ジョン・バーンサル、ジル・バーミンガム、ケルシー・アスビル、グレアム・グリーン、ジュリア・ジョーンズ
収録時間 107分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

アメリカの中西部に位置するワイオミング州の保留地”ウィンド・リバー”にて、未成年の少女の殺人事件が発生。FBIの新人女性捜査官と地元のハンターが協力し、事件の真相を紐解いていく2017年のクライムサスペンス映画です。

主人公の1人であるFBI捜査官は、アベンジャーズでスカーレット・ウィッチ役を務めたエリザベス・オルセンが熱演。彼女と共に捜査する地元のハンター役を、ハート・ロッカーなどの代表作で有名なジェレミー・レナーが好演しています。

ネイティブアメリカンの保留地で実際に起きていると言われる、根深い殺人事件の真相とは!?衝撃の展開が待ち受けています。

スポンサードリンク


映画「ウィンド・リバー」の冒頭のあらすじ

ウィンド・リバーは、アメリカのワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地。内陸部に位置するこの土地は人口が少なく、大自然に囲まれた雪深い地域として知られていた。

コリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は、地元で働くベテランのハンター。別れた妻との間には2人の子どもがいたが、長女を亡くすという悲しい過去を背負っている。

ある日、雪深いウィンド・リバーの土地へ仕事に出かけたコリーは、偶然にも女性の死体を発見した。女性は裸足で、足は凍傷の状態。コリーはすぐに応援を要請する。

その後FBIからは、新人捜査官のジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が派遣されてきた。保留地であるウィンド・リバーのことを全く知らないジェーンは、コリーに強力を依頼。

彼はこの話を受けて、ジェーンと共に事件の真相を探り始めるのだが・・・。

スポンサードリンク


保留地で起きた殺人事件の真相とは?ウィンド・リバーの感想

未成年の女性を殺害した犯人は、一体誰なのか。

終盤は大きな衝撃と共に驚きの展開が待ち受けており、とても見応えのあるクライムサスペンス映画でした。

実際に発生した事件を元にして作られた映画とのことで、問題の根深さも感じさせられますね。そもそもアメリカの保留地とは、ネイティブアメリカンであるインディアン部族が領有する土地なんだそうです。

その中でウィンド・リバーは雪深い土地であり、人口が少なく、孤立した雰囲気が漂っています。

そんな土地へFBIの女性捜査官が派遣され、地元のハンターと組んで捜査にあたるわけですから、一筋縄でいくわけがありません。

事件の真相は少しずつ明らかになるのですが、最後の展開は実に衝撃的でしたね。全くの予想外でした。

主演を務めたのは共にアベンジャーズに出演している、エリザベス・オルセンとジェレミー・レナーです。

ジェレミーはダンディで渋い演技が良かったですし、エリザベス・オルセンのFBI捜査官役も初々しくて良かったですね。

エリザベス・オルセンは1989年生まれの若い女優さんだけに、今後の活躍も益々楽しみです。

サスペンス系の映画やドラマがお好きな方へ、ぜひご覧頂ければ幸いです。

2017年に製作されたクライム・サスペンス映画「ウィンド・リバー」は、動画配信サービスのユーネクスト(U−NEXT)で公開されています。(※2018年12月時点)

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る