ワンダーウーマン(映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

DCコミックス史上最強の女戦士!映画「ワンダーウーマン」

タイトル ワンダーウーマン
原題 Wonder Woman
製作年/製作国 2017年/アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
監督 パティ・ジェンキンス
キャスト
(出演者)
ガル・ギャドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、コニー・ニールセン、ダニー・ヒューストン、デビッド・シューリス、ユエン・ブレムナー、エレナ・アナヤ
収録時間 141分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

DCコミックス史上”最強”の呼び声が高い女戦士「ワンダーウーマン」の戦いを描いた、迫力満点のSFアクション映画。

主演はワイルドスピードシリーズなどで知られるガル・ギャドットで、監督はシャーリーズ・セロンがアカデミー主演女優賞を獲得した「モンスター」という映画で有名な女性監督、パティ・ジェンキンスが務めています。

主人公”ワンダーウーマン”は見ていて気持ちが良くなるぐらい、本当に強くて爽快です。

スポンサードリンク


映画「ワンダーウーマン」の冒頭のあらすじ

アマゾン族の王女ダイアナは、女性だけしかいないセミッシラという島で、健やかに成長していた。この島は、悪の化身となったアレスから大切な人を守るために、神のゼウスが密かに作り上げた島である。

ダイアナは幼い頃から、広場で鍛錬を積む女戦士達に憧れの気持ちを抱いていた。しかし母親のヒッポリタ女王(コニー・ニールセン)は、娘の身を心配して武術の習得を禁止する。

そんな中、ヒッポリタ女王の妹であり、セミッシラ島で最強の女戦士であるアンティオペ(ロビン・ライト)は、ダイアナの才能に目を光らせていた。そしてアンティオペの指導によりダイアナは日々鍛錬を積み、やがて一人前の戦士へと成長していた。

そんなある日、ダイアナ(ガル・ギャドット)は海で一機の飛行機が墜落する現場を目にする。そして砂浜に駆け寄ると、そこにはスティーブ(クリス・パイン)というアメリカ人パイロットが漂着していた。

スティーブは危険な状況であることをダイアナに伝える。その後すぐに、ドイツ軍の船が浜辺に押し寄せてきた。

ヒッポリタ女王やアンティオペは軍を率いて、島を守るべく懸命に戦うのだが・・・。

スポンサードリンク


とにかく強くて美しい!映画「ワンダーウーマン」の感想

テレビでお笑い芸人の方が絶賛しており、評判も良かったので期待してみたみたのですが、予想以上におもしろかったです。

まず映像がリアルで美しく、アクションシーンでは通常の速度とスローモーションの緩急が素晴らしいです。

また序盤から神秘的なストーリー展開になっており、見る者をググっと惹きつけます。

古典的な名作と最新のDCコミックスの魅力を掛け合わせた映画で、ハリーポッターのような面白さもありましたね。台詞も興味深い部分があって良かったです。

そして特筆すべきは、主人公のダイアナ(ワンダーウーマン)を演じたガル・ギャドットの魅力です。これ以上ぴったりの人は存在しないと断言してくなるぐらい、見事な適役でした。

映画の中盤で初めてダイアナが戦場に飛び出して行くシーンは、見ていて鳥肌が立ちましたね。そしてあまりにも強すぎるので、途中からは空いた口が塞がりません。思わず笑ってしまうぐらい強かったです。

ちなみにこのワンダーウーマンは、同じ監督で続編(仮名:ワンダーウーマン2)の制作も決定しているようです。今後の新たな展開が、ますます楽しみですね(^^♪

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る