ブレードランナー2049(映画)の感想や冒頭のあらすじ

傑作SF映画の続編!「ブレードランナー2049」

タイトル ブレードランナー2049
原題 Blade Runner 2049
製作年/製作国 2017年/アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
監督 ドゥニ・ビルヌーブ
キャスト
(出演者)
ライアン・ゴズリング、アナ・デ・アルマス、シルビア・フークス、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、マッケンジー・デイビス、カーラ・ジュリ、ジャレッド・レト
収録時間 163分
指定 PG12
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

リドリー・スコット監督×ハリソン・フォード主演で1982年に大きな注目を集めた名作SF映画「ブレードランナー」の、35年ぶりの続編となる作品。

今作ではハリウッドの若き名優ライアン・ゴズリングが主演を務めており、ハリソン・フォードは前作と同様にデッカード捜査官役で出演しています。

30年前に行方不明となったデッカード捜査官に秘められた秘密とは・・・!?独特な世界観の中で、洗練された未来が描かれています。

スポンサードリンク


映画「ブレードランナー2049」の冒頭のあらすじ

2049年、ネクサス9型のレプリカントであるK(ライアン・ゴズリング)は、ブレードランナーとして旧型レプリカントを一掃する任務に就いていた。自宅には家庭用AIのホログラム、ジョイ(アナ・デ・アルマス)が居て、彼女と恋人のような生活を送っている。

ある日、Kはロサンゼルス郊外で捜査を実施。合成農場で逃亡した旧型レプリカントのサッパー・モートンの自宅を発見し、彼の解任を執行した。

任務を全うしたKは帰ろうとするが、庭の枯れ木付近に何かが埋まっていることを探知する。そして根元を掘り起こしてみたところ、小さな箱を発見。その中には何者かの遺骨が入っていた。

検視の結果、その遺骨は約30年前に帝王切開による合併症で死亡した女性のものであることが判明。しかもそこには製造番号が刻まれていて、人間ではなくレプリカントの遺骨であることが明らかになった。

レプリカントの出産は前例が無く、Kの上司にあたるジョシ警部補は、事実が公になることで社会混乱を引き起こすと危惧する。そしてKに対して、この事実の抹消を依頼するのだが・・・。

スポンサードリンク


思ったよりも静かな印象。映画「ブレードランナー2049」の感想

35年ぶりに後悔された傑作SF映画の続編ということでレンタル開始後すぐに鑑賞してみたのですが、思っていたよりも静かというか、閑静な描写が多い映画でした。

物語は前作から30年後の世界が舞台となっており、主人公はライアン・ゴズリング演じる新型のブレードランナー”K”です。

その捜査官Kが、過去に数々の問題を起こした旧型のブレードランナーを抹消していくわけですが、捜査過程で衝撃の事実が明らかに。

それは旧型のブレードランナーの女性が、子供を出産した可能性があるというものでした。

果たして、生まれた子は現在も無事なのか。そして30年前に行方が分からなくなったデッカード捜査官は、どこで何をしているのか。その事実の真相が、じわじわと明らかになっていきます。

また今作「ブレードランナー2049」で衝撃を受けたのが、Kの恋人として時折登場するホログラム”ジョイ(アナ・デ・アルマス)”の存在です。まるで本物の女性が居るかのように映し出されており、これは近い将来、実現される可能性が高い最先端の技術だと感じました。

爽快なアクションシーンを期待して見ると拍子抜けするかもしれませんが、将来の地球の状況に関心がある方にとって、とても興味深い映画だと思います。まだご覧になっていない方は、ぜひチェックされてみてはいかがでしょうか(^^♪

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る