犯罪都市(2017年の韓国映画)の感想や冒頭のあらすじ

犯罪都市(2017年の韓国映画)の感想や冒頭のあらすじ

実話をもとにして作られた2017年の韓国映画「犯罪都市」

タイトル 犯罪都市
原題 The Outlaws
製作年/製作国 2017年/韓国
劇場公開日(日本) 2018年4月28日
配給 ファインフィルムズ
監督 カン・ユンソン
キャスト
(出演者)
マ・ドンソク、チョ・ジェユン、ユン・ゲサン、チェ・グィファ、チン・ソンギュ、パク・ジファン
収録時間 121分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

韓国の警察と中国マフィア、そして韓国ヤクザの三つ巴の戦いを、強烈な描写で描いた2017年公開の韓国映画。

2004年の実話をもとにして作られたフィクション映画で、凶悪な中国マフィアの登場によって発生した凶悪事件を、リアリティのある映像で綴っています。

主人公は強面かつ剛腕の刑事で、そのキャラクター設定が実に見事です。日本の刑事ドラマでは見られない人物像であり、とても魅力的な存在感を放っています。

スポンサードリンク


映画「犯罪都市」の冒頭のあらすじ

2004年の韓国の首都、ソウル。衿川警察で強力班を指揮するマ・ソクト(マ・ドンソク)は、人情味がある強面の刑事。ナイフを手にした犯罪者に対して全くひるむことなく、張り手一発で黙られてしまう剛腕の持ち主である。

ある日、衿川警察が管轄する地区のビリヤード場で、殺人事件が発生。ソクト刑事はすぐに現場に駆け付けて捜査を始めたところ、被害者は毒蛇組の組員であることが判明した。

捜査を開始した強力班は、犯人の確保に成功。犯人の正体は、毒蛇組と対立しているイス組の組員だった。

両側の組長と面識があるソクト刑事は、ある飲食店に毒蛇組の組長(ホ・ソンテ)と、イス組の組長であるチャン・イス(パク・ジファン)を呼び出す。そして2人が握手する写真を強引に撮影し、これ以上騒ぎを起こさぬようにと強く念を押した。

そんな中、中国からの新興勢力である黒竜組が、ソウルで暗躍し始める。ボスであるチャン・チェン(ユン・ゲサン)は、金のためなら何でもする凶悪な人物。チャンは毒蛇組を乗っ取り、少しずつソウルで勢力を拡大していき・・・。

スポンサードリンク


恐いけれど惹き込まれる展開!犯罪都市の感想

ユーネクストで公開がスタートし、Yahoo!映画で4.02点(評価215件)という高い数字を記録していたので週末に鑑賞してみたのですが、予想以上の強烈な描写の映画でした。

日本映画で言えば「孤狼の血」のようなテイストなのですが、暴力の描写が非常に鮮烈です。

思わず目を覆いたくなるようなシーンもあるので、この手の映画に対して免疫が無い場合は、目を伏せる準備をしておいた方が良いかもしれません。

そしてこの韓国映画「犯罪都市」を語る時に欠かせないのが、韓国で人気の俳優、マ・ドンソクさんが演じた主人公のソクト刑事です。

強面で筋肉質の力士のような体型をしており、相手が誰であろうと全くひるむことがありません。お茶目な性格も持ち合わせていて、本当に魅力的なキャラクターでした。この映画で彼のファンになってしまった方も、決して少なくないと思います。

一つの映画としては完成度が高く、見る者をドキドキさせるような惹き込まれる展開となっており、高い評価にも納得できます。このジャンルの映画がお好きな方へ、ぜひおすすめしたい映画です。

今回の「犯罪都市」は、動画配信サービスのユーネクストで鑑賞しました。(記事執筆日:2020年4月19日)

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る