T2 トレインスポッティング(2017年の映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

約20年ぶりの続編!映画「T2 トレインスポッティング」

タイトル T2 トレインスポッティング
原題 T2 Trainspotting
製作年/製作国 2017年/イギリス
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
監督 ダニー・ボイル
キャスト
(出演者)
ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、アンジェラ・ネディヤコバ、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルド
指定 R15+
収録時間 117分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

1996年に後悔され、大きな話題を集めたイギリスの映画「トレインスポッティング」の21年ぶりとなる続編。

仲間を裏切って逃げたジャンキーな青年が再び帰郷し、仲間と再会。彼らの運命は、一体どうなってしまうのか。独特の世界観で、泥臭い生き様が描かれています。

主演はユアン・マクレガーで、監督はダニー・ボイルです。その他主要キャストも、ほとんど同じ役者が揃っています。イギリスでは公開後3日間で7億円の興行収入を記録し、大ヒットを収めている映画です。

スポンサードリンク


映画「T2 トレインスポッティング」の冒頭のあらすじ

スコットランドの首都エディンバラへ、20年ぶりに戻ってきたマーク・レントン(ユアン・マクレガー)。

彼は20年前までエディンバラで暮らしていたが、仲間と共に大金を盗み出し、その金をたった1人で持ち逃げしていた人物だった。

なぜ彼は、逃亡先のオランダからエディンバラを戻ってきたのか。その理由は誰にも解からない。

一方、かつてはマークと親友だったシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)は錆びれたパブを経営しながら、ゆすりや売春の斡旋に精を出している。

また、マークにとって気の置ける友人だったスパッド(ユエン・ブレムナー)は、妻子を持つ身でありながら、ドラッグから抜け出せない日々を送っていた。

そんな中、彼らの中で最も気性が荒く、危険な男であるベグビー(ロバート・カーライル)は、強引なやり口で刑務所から脱走してしまい・・・。

スポンサードリンク


映画「T2 トレインスポッティング」の感想

まさか、この映画の続編が出るとは・・。ジャンキーな世界を描いた衝撃的な映画だっただけに、続編は出ないものかと思っていました。

このため約20年ぶりに続編が出たと知った時は、ちょっと嬉しい気持ちが湧き上がってきましたね。

実際にフタを開けてみると、監督や出演者はほぼ一緒です。主演のユアン・マクレガーをはじめとして、監督のダニー・ボイル、その他の主要キャストについても20年後の世界が描かれています。

大金を持ち逃げした主人公のマークが、かつての仲間たちと再会すれば、もうトラブルは必至です。

どんな結末を迎えるのかドキドキでしたが、予想以上にスタイリッシュにまとまってくれたように思えます。

また劇中ではスコットランドの豊かな自然も映されており、一度観光に行ってみたいと思わせてくれる程でした。

まだまだ続編を作ることが可能な展開だったので、今後も良いニュースが出てくることを期待したいですね(^^♪

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る