22年目の告白−私が殺人犯です−(2017年の映画)の感想や冒頭のあらすじ

話題のサスペンス映画!「22年目の告白−私が殺人犯です−」

タイトル 22年目の告白−私が殺人犯です−
製作年/製作国 2017年/日本
配給 ワーナー・ブラザース映画
監督 入江悠
キャスト
(出演者)
藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、松本まりか、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩城滉一、仲村トオル
収録時間 117分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作とし、2017年に入江悠が日本で製作したクライムサスペンス映画です。

主演は藤原竜也と伊藤英明で、連続殺人事件の容疑者と、彼を追う刑事役を熱演。中盤以降には、誰もが予想できないような驚愕の事実が明らかになります。

なぜ、容疑者の男は時効を迎えた後に名乗り出たのか・・・。見るもの全てを欺く、実に見事なサスペンス映画です。

スポンサードリンク


映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」の冒頭のあらすじ

1995年。東京では5件の連続殺人事件が発生し、世間を大きく騒がせていた。いずれも紐で首を絞められて殺害されており、同一犯による犯行が予想される。当時、新人刑事だった牧村(伊藤英明)は、先輩刑事と共に犯人を追っていた。しかし、犯人を捕らえることはできず、時は流れていった。

それから22年後。1995年の連続殺人事件の犯人が、突然名乗り出てきた。犯人の名は、曾根崎雅人(藤原竜也)。その素顔をカメラの前にさらし、自らの殺人行為を綴った告白本を出版。

世間は大騒ぎし、大きな論争を巻き起こす。ネット上でも話題を呼び、告白本は飛ぶように売れていった。

既に時効を迎えた事件なので、警察側は曾根崎に手を出すことができない。しかし、被害者家族は彼の登場に対して、どうしようもない憤りを感じている。

やがて曽根崎は、マスコミを伴って被害者家族への謝罪を敢行。現場に居合わせた刑事の牧村を挑発し、謝罪現場は大混乱に陥るのだが・・・。

スポンサードリンク


中盤で驚きの事実が発覚!「22年目の告白」の感想

Yahoo!映画での評価も高く、サスペンス映画好きな筆者も期待して鑑賞したのですが、本当に予想外の展開を見せる凄い作品でした。

22年前に猟奇的な連続殺人を繰り広げた犯人は、時効後に自ら名乗り出ます。

そして社会に論争を巻き起こし、警察や被害者遺族と対立していくわけですが、中盤で誰もが予想できない程の驚愕の事実が明らかになります。

しかもその理由がきちんと腑に落ちているだけに、見ている方もすんなりと受け入れられるわけです。

事実が語られた時は「え!?・・・」となるのですが、話はそこで終わりません。そこからさらに謎が深まり、勝負の時を迎えることになるので、本当に見応えがありましたね。

過激過ぎる場面もあり、思わず目を背けたくなるシーンもあります。しかしながらストーリーのエンディングもしっかり描いてくれたので、後味は悪くありませんでした。

実に見事なサスペンス映画だと思います。

なお、この「22年目の告白−私が殺人犯です−」は日テレ系の映画なので、冒頭で日本テレビのアナウンサーである桝太一さんと尾崎里紗さんも少しだけ出演していました。

サスペンス系やミステリー系の映画がお好きな方へ、強くお薦めしたい作品です。

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る