キングスマン ゴールデン・サークル(映画)の感想や冒頭のあらすじ

シリーズ第2弾!「キングスマン ゴールデン・サークル」

タイトル キングスマン ゴールデン・サークル
原題 Kingsman:The Golden Circle
製作年/製作国 2017年/アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
監督 マシュー・ボーン
指定 PG12
キャスト
(出演者)
タロン・エガートン、コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、マーク・ストロング、ペドロ・パスカル、ハル・ベリー、チャニング・テイタム、エルトン・ジョン、ジェフ・ブリッジス、ソフィー・クックソン
収録時間 140分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

全世界で大ヒットを記録したイギリスのスパイ・アクション映画「キングズマン」の続編となる作品。

今作ではイギリスのスパイ組織「キングスマン」が、世界中の人々を生命の危機にさらす謎の組織”ゴールデン・サークル”との壮絶な戦いを繰り広げます。

また出演者は前作のタロン・エガートンやコリン・ファースに加えて、ジュリアン・ムーアやハル・ベリー、チャニング・テイタムも主要メンバーとして出演しています。

スポンサードリンク


映画「キングスマン ゴールデン・サークル」の冒頭のあらすじ

イギリスの諜報機関”キングスマン”の一員であるエグジー(タロン・エガートン)は、愛する彼女・ティルデと共に幸せな生活を送っていた。そんなある日、エグジーはかつてキングスマンの候補生だった男、チャーリーに襲撃される。

エグジーは壮絶なカーチェイスの中、マーロン(マーク・ストロング)のサポートもあって何とかチャーリーを振り切る。警察の追跡からも逃れ、事なきを得た。

翌日、エグジーはキングマン本部の会議に出席。そしてチャーリーが世界最大の麻薬密売組織”ゴールデン・サークル”のメンバーであることを知る。

ゴールデン・サークルのボスとして暗躍するポピー(ジュリアン・ムーア)は、キングスマンの存在を邪魔だと考えていた。そこでチャーリーを派遣し、キングスマンに襲撃をかけたのだった。

後日、エグジーは最愛のティルデの自宅に招かれ、両親と共に会食を楽しんでいた。しかし、その最中にキングスマン本部やメンバーの自宅が、ゴールデン・サークルによるミサイル攻撃を受け、多くのメンバーが殺されてしまう。

エグジーは生き残ったマーリンと共に、”ステイツマン”というキーワードからアメリカのケンタッキー州へと向かうのだが・・・。

スポンサードリンク


超絶アクションが満載!キングスマン ゴールデン・サークル

第1作目の「キングスマン」の超絶アクションをさらにパワーアップさせたような、とても見応えのあるスパイ・アクション映画でした。

前作はコリン・ファース演じるハリーが敵との闘いで亡くなったと思われたのですが、今作では主要キャストに名を連ねています。彼の死の真相や今作での登場シーンは、とても興味深かったです。

またタイトルにも入っている”ゴールデン・サークル”は、敵対する組織の名称でした。そのボス役として名女優のジュリアン・ムーアが出演しているのですが、まさかのエルトン・ジョンが本人役で囚われの身となっています。

その他、チャニング・テイタムやハル・ベリーもアメリカの諜報員役として出演しており、登場人物だけでも見応えが十分でしたね。

しかしながら描写は斬新というか、グロテスクなシーンも少し出ていきます。1つのエンターテイメント作品として、深く考えずに楽しんで見るのがベストかもしれません。

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る