アトミック・ブロンド(2017年の映画)の感想

アトミック・ブロンド(2017年の映画)の感想

シャーリーズ・セロン主演のスパイ映画!アトミック・ブロンド

タイトル アトミック・ブロンド
原題 Atomic Blonde
製作年/製作国 2017年/アメリカ
劇場公開日(日本) 2017年10月20日
配給 KADOKAWA
監督 デビッド・リーチ
キャスト
(出演者)
シャーリーズ・セロン、ジェームズ・マカヴォイ、ジョン・グッドマン、ティル・シュヴァイガー、エディ・マーサン、ソフィア・ブテラ、トビー・ジョーンズ
指定 R15+
収録時間 115分
動画配信サービス ユーネクスト

レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

2003年に製作された映画「モンスター」でアカデミー主演女優賞を受賞し、その後は「スノーホワイト」や「マッドマックス 怒りのデス・ロード」など、数々の大ヒット映画に出演してきたシャーリーズ・セロン主演のスパイアクション映画。

1989年の東西冷戦末期だったドイツを舞台にして、各国のスパイ同士が壮絶な駆け引きと戦いを繰り広げます。

KGBに情報を流していた二重スパイは、一体誰だったのか・・・?ラストは誰もが予期せぬ展開が待ち受けていました。

スポンサードリンク


映画「アトミック・ブロンド」の冒頭のあらすじ

1989年のベルリン。東西冷戦末期のベルリンで活動していたMI6の諜報員であるガスコインは、KGBのバクティンに襲われ、殺害されてしまう。

ガスコインが持っていたのは、各国のスパイの名前が記された極秘リスト。この貴重なリストを盗み出したバクティンは、KGBを裏切り、闇マーケットで売りさばこうと目論んでいた。

リストが拡散されれば、世界中で暗躍するスパイが命を狙われることに。MI6はこの危機的状況を打開するため、高い戦闘能力を兼ね備えた諜報員、ロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)にリストの奪還を命じる。

それから10日後。

ロレーンは全身に痛々しい傷を負い、負傷した体を氷水で冷やしていた。

そして衣服を身にまとい、MI6の本部へと向かう。そこで待ち受けていたのは、CIAのカッツフェルドと、MI6の情報局主任であるグレイ。またマジックミラーの向こう側では、MI6のチーフであるCも控えている。

傷だらけになったロレーンの身に、一体何があったのか。彼女は壮絶なミッションの全貌を語り始めた・・・。

スポンサードリンク


予想外の泥臭い展開!アトミック・ブロンドの感想

DVDのパッケージや宣材写真から”シャーリーズ・セロン主演のスタイリッシュなスパイ映画”だと思って見始めたのですが・・・。

実際はスパイ同士のいざこざや体を張ったアクションシーンが満載の、とても泥臭い戦いを描いたスパイ映画でした。

物語は諜報員(スパイ)を一般人が絡むような感じではなく、完全にスパイの世界の裏話です。登場人物の名前を忘れてしまうと話についていけなくなるので、作品を楽しむためには、序盤はしっかり見た方が良いと思います。

またこの映画で監督を務めたのは、2018年の「デッドプール2」や、2019年の「ワイルド・スピード スーパーコンボ」などでメガホンを取ったデビット・リーチです。

ブラックユーモアを効かせたアクションシーンが魅力的な監督であり、このアトミック・ブロンドでもデビット・リーチ監督ならではの演出が光っていましたね。

スパイ系やアクション映画がお好きな方でしたら、きっと楽しめる映画だと思います。今回の「アトミック・ブロンド」は、ユーネクストで鑑賞しました。(記事執筆日:2020年6月21日)

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る