君の膵臓をたべたい(2017年の映画)の感想や冒頭のあらすじ

感動のベストセラー小説を映画化!君の膵臓をたべたい

タイトル 君の膵臓をたべたい
製作年/製作国 2017年/日本
配給 東宝
監督 月川翔
原作 住野よる
キャスト
(出演者)
浜辺美波、北村匠海、小栗旬、北川景子、大友花恋、矢本悠馬、桜田通、森下大地、上地雄輔
収録時間 115分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

住野よるのベストセラー小説を、若手俳優の浜辺美波と北村匠海を主演に迎え、2017年に実写化した感動の名作映画。

重い膵臓の病気を患う高校生の桜良と、クラスメイトの寡黙な”僕”とのかけがえのない時間が、とてもみずみずしい描写で描かれています。

彼女はなぜ、大切な時間を”僕”と過ごしたのか。彼女が本当に想いは、一体何だったのか。涙無しでは見慣れない感動作です。

スポンサードリンク


映画「君の膵臓をたべたい」の冒頭のあらすじ

高校の教師として母校に赴任した僕(小栗旬)は、上司の依頼により図書館の整理を行うことに。そこで教え子の栗山と話しているうちに、クラスメイトの桜良(浜辺美波)と過ごしたかけがえのない時間を思い出していた。

12年前、僕はふとしたきっかけで、同じクラスの女子・山内桜良が重い膵臓の病気を患っていることを知る。僕が目にしたのは、彼女が綴っていた「共病文庫」という闘病日記だった。そこには、彼女のいずれ死んでしまうことも綴られている。

明るく、元気な素振りを見せる桜良の病が信じられなかった僕は、君は死ぬのかとストレートな質問をぶつける。すると彼女は、笑顔で肯定した。

桜良は自分の病の事を、親友の恭子(大友花恋)にすら伝えていない。クラスで唯一彼女の秘密を知った僕は、次第に彼女と一緒の時間を過ごすようになるのだが・・・。

スポンサードリンク


生きる意義とは何か。見る人の心を熱くする感動の名作映画

「君の膵臓をたべたい」

とても興味深いタイトルであり、一体どんな映画なのかと思って鑑賞してみたのですが、もう涙無しでは見られない感動の名作映画でした。

序盤のストーリーだけでも涙が出そうになるのですが、中盤以降は単なる恋愛や純愛だけでなく、人がなぜ生きているのか、その大きな意味を考えさせられる展開になっています。

時々見返したくなるような数々の名言もあり、素晴らしいとか、スゴイなどの単純な言葉では言い表せないぐらいの、実に奥が深い映画だと思います。

そしてこの映画を語る時に欠かせないのが、主人公の高校生・山内桜良を演じた浜辺美波さんの演技です。

不思議と引き寄せられるような声も、本当に魅力的でした。

元気で明るく、無邪気な女子を演じる浜辺さんのキャラクターは、まさに唯一無二のものだったと思います。2000年生まれの若い女優さんだけに、今後どのような作品に出演されるのか、益々楽しみです。

「世界の中心で愛をさけぶ」や「ただ、君を愛している」などの日本を代表する名作に匹敵する映画ですので、まだご覧になっていない方へ、ぜひおすすめしたいです。

スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る