前科者(2022年の映画)をみた感想

情熱的な保護司を有村架純が熱演!2022年の映画「前科者」


タイトル 前科者
製作年/製作国 2022年/日本
劇場公開日(日本) 2022年1月28日
配給 日活、WOWOW
監督 岸善幸
原作 香川まさひと、月島冬二
キャスト
(出演者)
有村架純、森田剛、磯村勇斗、若葉竜也、石橋静河、木村多江、マキタスポーツ、宇野祥平、北村有起哉、リリー・フランキー
収録時間 133分
映倫区分 PG12
動画配信サービス ユーネクスト

DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

罪を犯して服役し、刑務所から出てきた人々の社会復帰を手助けする非常勤の国家公務員「保護司」。

コンビニで働く傍ら、保護司として情熱的に”前科者”をサポートする女性・阿川佳代の姿を描いた、2022年公開のヒューマン・サスペンス映画です。

主人公の保護司役を有村架純が、刑務所から出てきた前科者を森田剛が熱演。

サスペンス映画としてだけでなく、感動のヒューマンドラマとしても高く評価されている作品です。

スポンサードリンク


映画「前科者」の冒頭のあらすじ

阿川佳代(有村架純)は、刑務所から出てきた前科者の社会復帰をサポートする「保護司」。

保護司は非常勤の国家公務員だが、基本的に報酬や給料は出ない。

このため佳代は保護司としての業務を励む一方で、コンビニでも働いていた。

ある日、佳代は保護観察中の村上の家を訪れる。彼女は会社を無断欠勤してしまい、家から出てこない。

飽きれた佳代は、そんな彼女を大声で一喝。驚いた彼女は、渋々会社に行く決意をした。

工藤(森田剛)は、殺人罪で刑務所に入り、半年前に出所してきた青年。

担当の保護司である佳代は、寡黙な工藤のことをやさしく見守っていた。

工藤は自動車の修理工場で働いており、勤務態度も良好。

工場の社長からも認められていて、”更生の期間が終わったら、正社員として迎え入れても良い”と語っている程だった。

佳代はそんな工藤と信頼関係を築き、月2回の面談も問題なくこなしていく。

そして保護観察期間が無事に終了したら、お祝いにラーメンを食べに行こうと約束していた。

同じ頃、街中にある交番の巡査部長が何者かに襲撃され、銃を奪われる事件が発生する。

巡査部長は一命を取り留めるも、その直後に区役所の職員が銃で撃たれ、亡くなってしまう。

警察は銃を盗んだ犯人が街中にいるとして、徹底的に捜査を開始。

そしてある人物が、容疑者として浮上してしまい・・・。

スポンサードリンク


心揺さぶるラストに感涙必至!有村架純と森田剛の2人の演技も本当にすごい!

Yahoo!映画で高く評価されている作品であり、ユーネクストで公開されてからすぐに鑑賞してみたのですが・・・

涙無しでは見られないような、心揺さぶる凄いヒューマンドラマでした。

物語の主人公は、刑務所から出てきた人達をサポートする「保護司」です。

非常勤の国家公務員ではあるものの、給料や報酬は支払われません。

一体なぜ、有村架純さん演じる主人公の阿川佳代は、そんな大変な職業に就いているのか。

その理由が過去の場面も含めて綴られており、本当に濃厚なストーリー展開になっていました。

この「前科者」はヒューマンドラマとして紹介されているケースが多いですが、サスペンス映画としても凄いものがあります。

独特の演出で他の作品にはないオリジナルの雰囲気が出ており、ハラハラさせる場面も随所に散りばめられていました。

そして最後は、有村架純さんと森田剛さんの2人のシーンで号泣きです。

サスペンスと感動のヒューマンドラマの両方の側面を持つ、とても稀有な映画だと思います。

ちなみに2022年8月時点の各映画サイトの評価は、下記のようになっていました。

各映画サイトの平均評価

Yahoo!映画:4.2 / 5(938件)

映画.com:3.8 / 5(204件)

本当に見応えのある作品ですので、まだご覧になっていない方へ是非おすすめしたいです。

今回の映画「前科者」は、動画配信サービスのユーネクストで鑑賞しました。(記事執筆日:2022年8月15日)

ユーネクストの公式サイトはこちら



スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る

このページの先頭へ戻る