モアナと伝説の海(映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

南の島と海を舞台にした名作アニメ!モアナと伝説の海

タイトル モアナと伝説の海
原題 Moana
製作年/製作国 2016年/アメリカ
配給 ディズニー
監督 ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
声優
(アメリカ)
アウリー・クラバーリョ、ドウェイン・ジョンソン、レイチェル・ハウス、テムエラ・モリソン、ニコール・シャージンガー、ジェマイン・クレメント、アラン・テュディック
声優(日本) 屋比久知奈、夏木マリ、尾上松也、ROLLY
収録時間 107分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

アナと雪の女王」など大ヒット作を次々と手がけているディズニーが、2016年に製作した長編アニメ大作。

南国の島で村長の娘として生まれた女の子モアナが、海を愛し、やがては村を救うために大海原に旅立つ姿を、とても魅力的なアニメーションで描いています。

彼女は伝説の男マウイと強力し、島の危機を救えるのか・・・。子供から大人まで全ての世代の方々が楽しめる、本当に素敵な映画に仕上がっています。

スポンサードリンク


映画「モアナと伝説の海」の冒頭のあらすじ

南国の島・モトゥヌイ島には昔から語り継がれている事があった。それは1,000年前、女神テ・フィティの「心」には生命を創造する力があり、かつて海だけだった世界に、島や動植物を誕生させていた。

しかし、神秘的な力を持つフィティの心は、悪党の標的になってしまう。やがて屈強な体付きをしている半神マウイ(ドウェイン・ジョンソン)によって、その心はフィティから奪い取られてしまう。

マウイは一目散に逃げようとするが、溶岩を司る巨大な悪魔テ・カァの襲撃を受ける。そして盗み出した心を、海底に奥底へと落としてしまった。

テ・フィティが心を失ったことにより、世界は少しずつ闇に包まれていった・・・。

この話を聞いたモトゥヌイ島の村長の娘モアナは、サンゴ礁の向かう側に広がる海に感心を抱いていた。しかし、父親からは「絶対にサンゴ礁を越えてはいけない」と固く禁じられている。それでもモアナは、海に対する好奇心を捨てきれなかった。

そんな中、島の近海では魚が獲れなくなり、せっかく実った作物も状態が悪く、食べられない状態に。何とかしようと思ったモアナは漁師の船に乗り込み、サンゴ礁を越えて魚を獲ろうとした。しかし大きな波に飲み込まれ、漁を行うどころの話では無かった。

落ち込むモアナの姿を見た祖母タラは、彼女を閉ざされた洞窟へと連れて行き、昔からの言い伝えを語り出し・・・。

スポンサードリンク


子供から大人まで全ての世代が楽しめる素晴らしい長編アニメ

前評判が良かったので「きっといい映画なんだろうな〜」と思ってみてみたら、予想以上に素晴らしい作品でした。

まず第1に、映像がとにかく綺麗です。南国の島や海、そこで躍動する人達が、どても綺麗な映像で描かれていました。特に大海原や波がうねったりするシーンは、見ていて自然と心が明るくなる感じです。

そして第2に、主要キャストであるモアナやマウイ、そして一緒に旅するヘイヘイ(にわとり)のキャラクターがとても魅力的でした。動きが軽快で、セリフも良いです。すんなり頭に入ってきます。

笑わせてくれるシーンも随所に散りばめられており、ワクワクしながら見ることが出来ました。

始めは対立していたモアナとマウイが、次第にまとまっていく姿も良かったですね。

子供から大人、そしてお爺さんお婆さんまで、全ての年代の方々が楽しみ、感動できる映画だと思います。夏にぴったりの作品ですので、クーラーの効いた部屋で涼しくご覧になってください(^^♪

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る