映画「インサイド・ヘッド」を見た感想

頭の中の感情を描いたアニメ映画「インサイド・ヘッド」

タイトル インサイド・ヘッド
原題 INSIDE OUT
製作年/製作国 2015年/アメリカ
監督 ピート・ドクター
声の出演(吹替え版) 竹内結子、大竹しのぶ、佐藤二朗、落合弘治、浦山迅、小松由佳
収録時間 95分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

2015年に公開された、ピクサー製作×ディズニースタジオ配給のアニメ映画。小さな少女の頭の中の感情を描いた物語で、95分という短い尺ながらも終盤は大きな感動を与えてくれます。

冒頭のあらすじ

アメリカのミネソタ州で両親と一緒に暮らしていた11歳の少女、ライリー。彼女の頭の中には、ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ビビリ、ムカムカの5つの感情が共同生活を送っていた。

リーダー的な存在はヨロコビで、そんな感情に包まれていたライリーはとても明るい女の子だった。

ある日、ライリーは父親の仕事の都合で住み慣れたミネソタの地を離れ、大都会のサンフランシスコへ引越すことになった。

新居は思っていたよりも小さい建物で、ライリーはテンションがダウン。学校でもうまく自己紹介ができずに、不安定な気持ちになってしまう。そして感情たちの間でも思わぬトラブルが発生してしまい・・・。

スポンサードリンク



「インサイド・ヘッド」を見た感想

正直なところあまり期待せずに見始めたのですが、見ていくうちにどんどん引き込まれてしまい、終盤は感動して涙がどんどん溢れてきてしまいました。

想像以上に素敵な映画だったと思います。

頭の中にはそれぞれの感情を持ったキャラクターがいるという設定で、ヨロコビがリーダー的な存在になっています。そしてカナシミが全体的に足を引っ張ってしまうのですが、そんなカナシミも、実は大切な存在だったのですね。

ストーリー展開も、本当に見事でした。

今回は日本語吹き替え版を見たのですが、ヨロコビの声が素敵だな〜と思って誰がやっていたのか調べてみたところ、なんと、女優の竹内結子さんでした。

演技も素敵ですが、声優をやっても本当に素晴らしいですね。そして、カナシミの声を担当したのが、まさかの大竹しのぶさんです。本当に出演された声優さんが素晴らしいので、ぜひ日本語版でご覧になることをお薦めしたいです。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る