モンスターズ・インク 冒頭のあらすじや感想、DVD情報

ディズニー×ピクサーのアニメ「モンスターズ・インク」

タイトル モンスターズ・インク
原題 MONSTERS,INC.
製作年/製作国 2001年/アメリカ
監督 ピート・ドクター
声の出演 ジョン・グッドマン、ビリー・クリスタル、メアリー・ギブス
収録時間 92分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
映画賞 <2001年 アカデミー賞>
歌曲賞:ランディ・ニューマン
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

ディズニーとピクサーがタッグを組み、ユニークなモンスター達と小さな女の子の心温まる交流や大騒動を描いたアニメーション映画。3DかつフルCGが採用されており、オリジナルのモンスターがたくさん登場してきます。

冒頭のあらすじ

いろんな種類のモンスターが生活しているモンスター・シティ。その街で最も大きな業績を残している「モンスターズ株式会社」では、人間の子供達の叫び声や悲鳴をエネルギーに転換し、それを街中に供給するビジネスを行っている。

大きな体を持つモンスターのサリー(声:ジョン・グッドマン)は、この会社で最も多くの悲鳴を獲得しているエリート。大きな目玉を持つ相棒のマイク(声:ビリー・クリスタル)と一緒に、夜な夜なたくさんの子供達を恐がらせて悲鳴をゲットしていた。

モンスター達にとって人間の子供は有害なものと考えられており、人間界の物をモンスター・シティに持ち帰ることは禁止されている。

そんな中、サリーは一人の女の子がモンスター・シティに紛れ込んでいるのを発見してしまうのだが・・・。

スポンサードリンク



「モンスターズ・インク」を見た感想

今まで見たことのないようなユニークな容姿&キャラクターのモンスターが登場し、ストーリーのテンポもとても軽快だったので最後まで飽きずに楽しむことができました。

製作期間は5年間で、そのうち3年間はストーリーの構築のために使われたそうです。長い年月をかけていたことにも納得できる、見事なストーリー展開です。

小さいお子さんと一緒に見れば、きっと子供達は画面に釘付けになるのではないかと思います。

2013年に公開された「モンスターズ・ユニバーシティ」では、主人公のモンスターであるサリーとマイクの大学時代の冒険が描かれているそうです。こちらも楽しんで見ようと思います♪


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る