トイ・ストーリー 感想や声の出演者情報 映画ランキング

大ヒットアニメシリーズ第1弾!「トイ・ストーリー」

タイトル トイ・ストーリー
原題 TOY STORY
製作年/製作国 1995年/アメリカ
監督 ジョン・ラセター
声の出演 トム・ハンクス、ティム・アレン、ドン・リックルズ、アニー・ポッツ、ウォレス・ショーン
収録時間 81分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星3つ

映画のポイント

子供達の遊び相手として活躍しているおもちゃ達が、人間が見ていないところで勝手に動き出し、大冒険を繰り広げるファンタジーアニメ。

世界初の全編フルCGとなる長編アニメで、大ヒットシリーズとなったトイ・ストーリーの一番最初の作品です。

冒頭のあらすじ

少年のアンディは、毎日たくさんのおもちゃ達に囲まれて、楽しく過ごしていた。木製のカウボーイ人形のウッディはお気に入りで、アンディの部屋にはその他にもたくさんの人形達が揃っている。

おもちゃ達はアンディの前では大人しくしているものの、アンディが部屋を離れると一斉に動き出す。それぞれが個性的なキャラクターであり、そのまとめ役のような立場がウッディだった。

そんなある日、アンディが親に新しいおもちゃを買ってもらうという事件が勃発。おもちゃ達はそれぞれ、「もし自分と同じ種類のおもちゃが買われてしまったら、自分は捨てられてしまう・・・」と不安な気持ちなってしまった。

しかし、新しいおもちゃは最新式のアクション人形「バズ」で、どのおもちゃともかぶらなかった。おもちゃ達は一斉に安堵するも、アンディの愛情は一気にバズに注がれる。

そんなバズに対して、ウッディは嫉妬心を覚えてしまうのだが・・・。

スポンサードリンク



「トイ・ストーリー」を見た感想

小さいお子さんが見たら絶対に喜ぶであろう、とても楽しい映画でした。

人形が自由に動き出すという意外性だけでなく、その動きが実にリアル!フルCGで制作しているだけあって動きに迫力もあり、キャラクターが個性的なのも良かったです。

また、始めは犬猿の中だったウッディとバズの友情も見ものですね。

そして、何よりも凄かったのは、最後のアクションシーンです。ハリウッド実写映画のアクションシーンを思い出させてくれるようなスゴイ雰囲気がありましたね。

これまでのアニメ映画の概念をぶち壊してくれた、素晴らしい作品だと思います。小さいお子さんがいらっしゃる場合は、ぜひ一緒にご覧になることをおすすめしたいですね。(14.11.27)


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る