トイ・ストーリー2 映画の感想や出演者、冒頭のあらすじ

大ヒットアニメ映画の第2弾!「トイ・ストーリー2」

タイトル トイ・ストーリー2
原題 TOY STORY 2
製作年/製作国 1999年/アメリカ
監督 ジョン・ラセター
声の出演 トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック、ウェイン・ナイト、ケルシー・グラマー
収録時間 92分
映画賞 1999年 ゴールデン・グローブ:作品賞(コメディ/ミュージカル)
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

人が見ていない所で動き出すおもちゃ達の冒険や友情を描いた、ディズニー&ピクサー製作の大ヒットアニメーション映画の第2弾。

オリジナルではトム・ハンクスやティム・アレンが、日本語吹き替え版では唐沢寿明や所ジョージが声優を務めています。

冒頭のあらすじ

(前作の)最大の危機から逃れ、アンディが所有するおもちゃとして互いに友情を誓ったウッディとバズ・ライトイヤー。

彼らはアンディのおもちゃとして可愛がられ、幸せな生活を送っていた。

そんなある日、ちょっとしたトラブルによってウッディの右肩部分の糸がほつれてしまい、肩付近から綿が出てきてしまう。アンディはウッディをカウボーイ・キャンプに連れて行こうとしていたが、肩の部分を見て壊れそうと思ったのか、ウッディを置き去りにしてしまう。

そして、ウッディは棚に置かれたまましばらく放置されてしまった。

そんな中、ウッディの母親がガレージセールを開こうとしていた。そしてアンディの部屋に入り、不用品をダンボールに入れ始める。ウッディは回収されずに済んだのだが、ベンギン人形のウィージーは回収され、売りに出されることに。

これを見たウッディは、ウィージーの救出作戦に乗り出すのだが・・・。

スポンサードリンク



「トイ・ストーリー2」を見た感想

今作もウッディやバズの大冒険が綴られており、とても楽しい作品になっていました。おもちゃの大冒険なので、もう何も心配せずに頭を空っぽにして楽しめますね。

ただ、お馴染みの展開に少しだけ飽きてしまったこと、そして最後は絶対に丸く治まるだろうという安心感が強かったせいか、途中でちょっと眠くなってしまいました。

最近サスペンスやアクション映画ばかり見ていたので、トイ・ストーリーのような素敵過ぎる作品が物足りなくなっていたのかもしれません。

しかしながら、小さいお子さんにはとてもお薦めの映画だと思います。ストーリー展開も二転三転するので、きっと楽しく見れるでしょう。

2017年にはトイ・ストーリー4が公開される予定ですが、こちらも大ヒットしそうですね。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る