時をかける少女 感想や出演者、冒頭のあらすじ 映画ランキング

筒井康隆原作のSF恋愛アニメ「時をかける少女」

タイトル 時をかける少女
製作年/製作国 2006年/日本
監督 細田守
原作 筒井康隆
声の出演 仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、原沙知絵、谷村美月
収録時間 98分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

ふとしたきっかけで、”タイムループ”という過去に戻れる能力を身に付けた女子高生が織り成す、純粋な恋愛ドラマ。最初は自分のために使っていたタイムループですが、終盤には思わぬ展開が待ち受けています。

冒頭のあらすじ

紺野真琴(声:仲里依紗)は、ちょっとドジだけどとても元気な高校2年生の女の子。クラスメートの男子、間宮千昭(声:石田卓也)や津田功介(声:板倉光隆)と放課後に野球をして遊んだりと、男勝りの一面もあった。

朝はいつもギリギリの時間に起き、学校へと自転車を走らせる真琴だったが、ある日、ブレーキが故障した自転車が原因で、踏切での列車事故に巻き込まれてしまった。

絶体絶命のピンチと思いきや、真琴は事故が起きる以前の時間へと、タイムスリップしていた。

そのことを叔母の芳山和子(声:原沙知絵)に話すと、それは「タイムリープ」というもので、真琴ぐらいの年代の女の子には、よくあることだと言うのだ。

やがてタイムリープの使い方を身に付けた真琴は、それは日常生活の些細な出来事に使い始める。トラブルを回避したり、遅刻を逃れたりなど、色んなことに使い始めるが、仲良しの男子である千昭と功介との間には、微妙な変化が起き始めていた・・・。

スポンサードリンク



「時をかける少女」を見た感想

序盤から中盤にかけては淡々とストーリーが進んでいく感じでしたが、中盤から終盤にかけては事態がちょっと深刻な状態になっていきます。

そして絶体絶命のピンチに陥り、ハラハラドキドキさせられましたが、これが見事なラストに繋がっていて、とても良かったですね。

正直なところ、途中までは「評判はすごく良いけど、あまり面白くないかも・・」と思っていました。しかし、ラストはそれを全部払拭してくれるぐらい、胸に響くような素晴らしさがありましたね。

将来に向けて夢と希望を抱かせてくれるような、そんなラストになっています。青春物のドラマや映画、アニメがお好きな方でしたら、きっと楽しめる1作だと思います。(2014.11.21)


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る