デッドプール2(2018年の映画)の感想や冒頭のあらすじ

さらにパワーアップ!映画「デッドプール2」

タイトル デッドプール2
原題 Deadpool 2
製作年/製作国 2018年/アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
監督 デビッド・リーチ
キャスト
(出演者)
ライアン・レイノルズ、ジョシュ・ブローリン、ザジー・ビーツ、モリーナ・バッカリン、ジュリアン・デニソン、レスリー・アガムズ、T・J・ミラー、忽那汐里、エディ・マーサン、ブラッド・ピット
収録時間 120分
映倫区分 R15+
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

2016年に公開され世界的に大ヒットした話題作「デッドプール」の続編となる映画。もともとは「X-MEN」の登場人物であり、X-MENシリーズとしては第11作目になります。

今作では、敵役としてジョシュ・ブローリンが演じるマッチョな機械人間”ケーブル”が登場。ブラックユーモアも相変わらず絶好調で、思い切り笑える場面が随所に出てきます。

デッドプールは、暴走するミュータントの少年を止められるのか。前代未聞の戦いが繰り広げられます。

スポンサードリンク


映画「デッドプール2」の冒頭のあらすじ

前回の壮絶な戦いから2年後の世界。デッドプールことウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、様々な悪党と戦いながら、最愛のガールフレンドであるヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)と幸せな生活を送っていた。

そんなある日、逃した犯罪組織の男が、ウェイドとヴァネッサの自宅を襲撃。銃弾を受けたヴァネッサは、命を落としてしまう。

最愛の人を失ったウェイドは、途方に暮れる。そして自らの手で部屋を爆発させ、自殺を試みた。

しかし、ウェイドは死ななかった。彼の友人であり、X-MENのメンバーであるコロッサスがウェイドを助けたのだ。

コロッサスはミュータントの学校である「恵まれし子らの学園」にウェイドを連れていき、X-MENに勧誘する。そしてデッドプールは、見習いとして渋々X-MENに加わることになった。

そんな中、ミュータントの孤児であるラッセル・コリンズが、児童養護施設の前で暴れているという情報が入る。事態を解決するために、デッドプールやコロッサスらは現場へと直行するのだが・・・。

スポンサードリンク


とんでもない面白さ!デッドプール2の感想

前作があまりにも面白かったために今作も期待して見てみたのですが、もう想像以上の面白さでした。

アクションだけでなくブラックユーモアも前作以上にパワーアップしている印象があり、思わず吹き出してしまうぐらいでしたね。

マーベルの映画で面白い作品と言えば「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」などがありますが、笑いの種類が違います。

ガーディアンズ〜の方は家族みんなで笑える映画ですが、このデッドプール2の場合、正直なところ子供達の教育に良くないです(^^ゞ

その分、強烈なインパクトを与える面白い台詞が多くて、本当に何でもありの映画でした。

今まで様々なハリウッド映画を見てきましたが、ここまで笑える映画は初めてかもしれません。その笑いについては、志村けんさんのコントに通じる部分もあると思いました。

そして今作ではハリウッドの名優であるジョシュ・ブローリンが出演しており、これがまた良いインパクトを出していましたね。

さらに、日本からは忽那汐里が主要キャラクターとして出演していますし、あのブラッド・ピットも一瞬だけ顔を出します。

脚本もすごくおもしろいですし、本当に唯一無二の魅力的な映画だと思います。

「こんな面白い映画があったのか!!」と言えるぐらいの超ド級の映画ですので、まだご覧になっていない方は、ぜひデッドプール2の世界を体感してみてください!(^^)!

デッドプール2の鑑賞はこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る